浄化のタイミング。

浄化のタイミング。

最近、雨が多いなぁと思っていたら、今日から6月なんですね。

沖縄や九州地方では、すでに梅雨入りしているみたい。

こちら東京も、来週くらいには本格的に雨の季節に入りそうです。

 

以前は朝、目が覚めたときに雨音が聴こえると、少し憂鬱な気分になったものでした。

とくに、外出の予定があるときなどは。

ですが最近は、晴れるとうれしい、雨は憂鬱、みたいな感覚はなくなりました。

天気に良いも悪いもなく、それが自然だし、いま必要なことなんだと考えるようになったからです。

 

たとえば、雨には浄化の作用があるそうです。

「水に流す」という言葉がありますが、語源は、神事の禊(みそぎ)に由来しています。

これは、体にたまった罪穢れを、川に入ったり滝に打たれて流す、というもの。

神社では、禊祓(みそぎはらえ)の神事として、夏越の季節と年末に「大祓い」をおこなっていますね。

 

人は、普通に生活しているだけでも「罪穢れ」がたまっていくもの。

嫌な話や言葉を聞いたり、理不尽な扱いを受けたりすれば、ネガティブな気持ちが心に蓄積されます。

逆に、自分が誰かを傷つけたり悲しませてしまった記憶が、後悔や罪悪感として心にブレーキをかけたりします。

こういったものは、たまればたまるほど強固になるし、自分では気づきにくくなるもの。

ネガティブな状態が当たり前になってしまいます。

だから、こまめにリセットしていくことが大切なのです。

参考:夢や目標を叶える準備!本当は真っ先におこなうべき、ある1つのこと。

 

「水で流す」雨もまた、リセットの一助になるわけなんですね。

雨が降るたびに、「いまは浄化のタイミングなんだな」と思うようになったら、雨の日に対する憂鬱な印象はなくなりました。

雨は天からの贈り物。

しとしと、ポツポツ、ザーザー……

その日の雨音に波長をあわせるように、窓辺で耳を澄ませます。

 

ところで私は、人生という大きな括りで考えても、浄化のタイミングがあるような気がしてなりません。

自分のことを振り返ってみると、10年周期で大きな変化やリセットのタイミングが来るんです。

それが、ちょうど今。

私はタロットカードを読むのが好きなのですが、こないだ、久しぶりにカードを引いてみたら、おもしろいカードが出ました。

それは、「審判」というカードです。

補足しておくと、タロットカードとは、世界の原理を78枚のカードで表現したもので、

カードの絵柄には、人間の魂の成長過程が描かれています。

78段階のどこかに、必ず、今の自分がいると言っていいでしょう。

「審判」のカードを引いて、あぁ、ついに突きつけられた……と思いました。

……人生において人は、何らかの大きな変化を起こすかどうか決断が求められる岐路が迫ってくることがあります。そしてその状況に対して、自分の中ではすでに答えは決まっています。というのも、今まで信じてきたことや考え方、これまでの状況が、すでに気づかぬうちに死を迎えてしまっているからです。そこで考えられる残された唯一の選択は、適切な行動で、それに従っていく以外にはありえないと確信します。それが「審判」の呼びかけがやって来ているときなのです……

『タロットの書 叡智の78の段階』レイチェル・ボラック著より

きれいさっぱり浄化して、いまのごちゃごちゃした考えを手放していかなければいけない。

新たな挑戦はできても、手放しの勇気は、なかなか持てないものだから…

 

そんな私にとって、

審判の呼びかけは、雨と似ています。

それは、自分で意図できるものではなく、天からのギフトだということ。

大いなる力が授けてくれた、適切な、浄化のタイミングなのです。

じたばたしても仕方がありません。
受け入れて、新しい自分を創っていくしかない。

ふと窓の外を見たら、雲の切れ間から薄日が射してきました。

writer : 伊藤睦

経済的・精神的な豊かさと、気の合う仲間に恵まれた、ストレスフリーな人生を目指して活動中です。このサイトでは、本音で生き、心の自由を手に入れるヒントをシェアします。

プロフィール

ここまでお読みくださり、ありがとうございます。

 

ひとりでも多くの方が、心の自由を獲得し、

人生の物語を進めるためのヒントになればと思い、

このブログを書いています。

 

最後にひとつだけ、私自身の人生の変化をシェアさせてください。

 

 

2年前、私は人生のどん底にいました。

 

仕事で行き詰まりを感じ、将来が不安でたまらない。

 

人間関係のゴタゴタで、精神的にも肉体的にも追い込まれる。

 

そして……

 

大切な人を助けることができなくて、

自分の無力さに心底、絶望していたんです。

 

そんなとき、偶然

いま私がいろいろなことを教わっている

「佐藤想一郎さん」を知り、

メールマガジンを読みはじめたら、

ほんの2〜3行で、気持ちがフワッと上向きになったのがわかりました。

 

そして、逸る気持ちで読み進めていくと、

深い霧がスーッと晴れていくように、心が軽くなったのです。

 

想一郎さんのメルマガは、フツウのメルマガとはちょっと違います。

 

内容はビジネスや自己啓発、健康、人間関係など幅広いのですが、

知識の羅列ではなく、心躍るストーリーにのせて、想一郎さんの「感覚」を伝えてくれます。

 

だから、メルマガを読むだけで視野が広がり、物事の捉え方が変わり、日々の意識や行動が、自然と前向きになっていきました。

 

自分が前向きになると、まわりの人たちの反応も変わり、関係性が少しずつよくなったり、

仕事では、会いたい人に会えたりとか、現実が、少しずつ動き始めました。

 

なにより、

失いかけていた自己信頼を取り戻し、いまは、自分の内側から、やる気が沸々と湧き出てくるのを感じています。

だから私はお伝えしたいのです。

 

もし、いま、あなたが、

何かに悩んだり、不安だったり

うまくいかないことがあるとしても、きっと大丈夫。

ひとつキッカケがあれば、必ず光は見えてきます。

 

時代はどんどん変化しているし、

これからの生き方を、あらためて考えたりもするでしょう。

そんなときは、独りで悶々とするより、

新しい学びが、風穴を開けてくれるかもしれません。

 

「自分らしい生き方を見つけたい」

「あたたかい仲間がほしい」

「とにかく人生を変えたい」

という人は、

ぜひ、佐藤想一郎さんのメールマガジン(無料)を読んでみてください。

視界がパッと拓けて、生き方が本質的に変わっていくと思います。

 

(最終更新:2020年6月19日)
CATEGORY :