断捨離がうまくいかない人へ。断捨離で人生を変えるにはコレが大切だった話

断捨離がうまくいかない人へ。断捨離で人生を変えるにはコレが大切だった話

断捨離は長持ちしない!!

一時的にはスッキリするけど、しばらくすると、また部屋が散らかってきて……。

以前の私はそんな感じでした。

でも、あることに気づいてからは、すっきりした空間を維持できているし、生活にメリハリがでて、物ごとに集中して取り組めるようになったんです。

そこで、この記事では、断捨離で人生を変えるならココが大切!と実感したことをシェアします。

あんなに捨てたのに!断捨離が永遠に終わらない……

私はこれまで、数え切れないくらい断捨離をおこなってきました。

最初のころは、断捨離のレベルが低くて(笑)、これは捨ててもいいだろう〜っていうモノに対して、なんだかんだ理由をつけて、正当化して、捨てきれずにいました。

今だから、わかることですけどね。

でも、少し時間が経つと捨てる決心がつき、第二次断捨離、第三次・・・と回数を重ね、さすがにもう捨てるものはないだろう!というレベルまで到達しました。

断捨離をするようになってから、モノを買うことへの考え方も変わり、そう簡単には買わなくなったことも変化の1つです。

だって、捨てるのも大変だもん。

粗大ごみならお金もかかるしね。

なので、ものが大幅に増えることもなく、家の中のモノはかなり少なくなっていたはずなんです。

が、それでも微妙に散らかっていくのです。

いったいどうして??

その理由が、ようやくわかりました。

私はなぜ断捨離がうまくいかなかったのか?

これは、お部屋に関する取材でMさんという方のお家を訪問したときのことです。

Mさんのお家って、なんかこう、特別におしゃれにしているとかではないんですけど、すごく整っているなぁと感じたんですね。

まあ、取材だからキレイにしてくれたのかなぁ、と思っていたら、

「片付ける時間がなくて、いつものまんまです」

とMさん。

いや、じゅうぶん片付いていると思うけど……。

私は思わず、「普段からこんなに片付いているんですか?すごいなぁ☆」

と本音がでました。

するとMさんは、こう言います。

「私、子どもの頃から親に厳しく言われていたんです。『使ったものは元の位置に戻しなさい』って。当時はウルサイなぁって思っていたけど、今では自然とそうするようになっているから、これは親のおかげですね」

これを聞いたとき、私、ハッとしました。

コレだったのかぁ〜〜〜。

私の断舎離が長持ちしない理由は。。。

正直、私は掃除が嫌いなわけではないし、片付けようと思えば片付けることもできます。

それでも部屋がスッキリしないのは、物が多いせいではなくて、自分の生活習慣に原因があったんだなと気づいたのです。

使ったものはもとに戻す

私はけっこう、コレができていませんでした。

ポストに入っていたチラシをテーブルの上にポン!と置いてそのまま放置したり、デスクの上にも、複数の書類がごちゃごちゃに置かれていたり。

クローゼットやトイレのドアが常に半開きになっていたり(笑)

あ、あとコレは断捨離とは関係ないけど、料理したあと、換気扇をずっと回しっぱなしにしていたり。

ちょっとしたことなんですけど、「そのまんま」放置していることが結構多いなぁ、と気づいたのです。

それ以来、私は、モノの定位置を決めて、使ったら必ずそこに戻すことを徹底しました。

最初のうちはすぐに忘れてしまったけど、気づいた時点ですぐに戻すようにしていきました。

すると、空間がすっきりし、置かれているモノと調和しているように感じられました。

たとえば、インテリアの雑誌などを見ていると、モノが少なくてスッキリ暮らしている人がいる一方で、コレクター癖のあるかたが、お部屋いっぱいにモノを飾っていたりするじゃないですか。

でもあれって、不思議と、散らかっている感じがしないですよね。

それは、持ち主のかたが自分のコレクションをしっかり把握していて、何かしらの原則に従ってディスプレイしているからなんだろうなと思います。

一つひとつのものに愛情があり、それらに定位置を与えているからなんじゃないかなと思うわけです。

ようやく私も、それがわかってきました。

すると、部屋がスッキリすると同時に、自分自身の状態も変わってきたのです。

断捨離がうまくいかないときは人生も滞っていた、その理由とは。

以前の私は、自分の時間がなかなかとれないことで悩んでいました。

自分の時間というのは、読書に没頭したり、趣味のお菓子づくりやパンづくりをしたり、旅行にいったりとか、そんなことです。

仕事が忙しくて、あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ、という気持ちが常にあるので、心が休まらず、常に焦っているのです。

でも実際には、それほど忙しくもなかったんです、たぶん。

心は焦っていたんですけど、物理的・時間的にははそうでもなかったんじゃないかと思います。

ではなぜ、いつも心が休まらず、自分の時間がとれなかったのか。

それは、自分の時間をとってしまうと、仕事が間に合わなくなるという恐れがあったからなんです。

じゃあ、その恐れはどこから来ていたのか?

その理由は、断捨離をしてもすぐに部屋が散らかってしまう理由と同じだったんです。

区切りをつけることが大切

モノの定位置を決めて、使い終わったらもとに戻す。

これって、しっかり区切りをつける、ということだと思うんです。

たとえば、引き出しからハサミを取り出して使った。

使ったら、引き出しに戻す。

「ハサミさん」に対して「あなたの仕事は終わりましたよ。次の出番までゆっくり休んでね」とねぎらうことにもなるし、自分自身、「よし、これは終わった。次に行くぞ!」と気持ちの切り替えにもつながります。

これがもし、テーブルの上に使っていないハサミがポンと置いてあったら、なんとなく、視界に入ってくるじゃないですか。
他のことをしているんだけど、視界のすみっこにハサミが・・・。

その瞬間、確実に気が散っているのです。

あー、片付けなきゃ。

気持ちが引っ張られています。

もちろん、以前はそんなふうには感じていませんでしたが、定位置に戻すことを心がけるようになってから、あるべき場所にないものには、違和感を覚えるようになりました。
そのとき、「以前は、放置されているものに、気持ちが引っ張られていたんだ」と気づいたのです。

たとえば、ごはんを食べたあとの食器なんかも、「めんどくさいな」と言っていつまでも洗わずにいると、やっぱり心のどこかで気持ちが引っ張られていたりします。

洗い物がたまってる・・・。そういえば、洗濯物もたたんでいない。。。芋づる式にいろんなことを思い出して、やばい、、どうしよう、、、とネガティブになってきます。

以前の私は、日常的に、このような「小さな放置」が積み重なっている状態でした。

だから、大事なことに集中できなかったり、いつもやることがあるような気がして、しっかり休めていなかったのです。

だから、断捨離がうまくいけば人生もうまく回っていく!

モノを定位置に戻すことを徹底していたら、断捨離ですっきりした空間が維持できるようになったし、ひとつひとつの物ごとを中途半端に放置しないようになっていきました。

ひとつずつ、「ちゃんと」終わらせる。

日常のちょっとしたことほど、あとでやろう、ではなく、すぐやる。

それを心がけていると、余計なことに気持ちを持っていかれることがなくなり、心がスッキリし、ひとつひとつに集中できるようになっていきます。

あれもこれもと中途半端なものを増やすより、ひとつずつしっかり片付けていくことが人生をすっきりさせるコツなのだとわかりました。

目の前のことに集中!というのは、こういうことなんですね。

今では、休むときは休む、仕事するときは仕事する、とメリハリをつけられるようになりました。

お部屋も気持ちもスッキリさせて、ますます良い仕事をしていきたい、そんなふうに思っています。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

writer : 伊藤睦

経済的・精神的な豊かさと、気の合う仲間に恵まれた、ストレスフリーな人生を目指して活動中です。このサイトでは、本音で生き、心の自由を手に入れるヒントをシェアします。

プロフィール

ここまでお読みくださり、ありがとうございます。

 

ひとりでも多くの方が、心の自由を獲得し、

人生の物語を進めるためのヒントになればと思い、

このブログを書いています。

 

最後にひとつだけ、私自身の人生の変化をシェアさせてください。

 

 

2年前、私は人生のどん底にいました。

 

仕事で行き詰まりを感じ、将来が不安でたまらない。

 

人間関係のゴタゴタで、精神的にも肉体的にも追い込まれる。

 

そして……

 

大切な人を助けることができなくて、

自分の無力さに心底、絶望していたんです。

 

そんなとき、偶然

いま私がいろいろなことを教わっている

「佐藤想一郎さん」を知り、

メールマガジンを読みはじめたら、

ほんの2〜3行で、気持ちがフワッと上向きになったのがわかりました。

 

そして、逸る気持ちで読み進めていくと、

深い霧がスーッと晴れていくように、心が軽くなったのです。

 

想一郎さんのメルマガは、フツウのメルマガとはちょっと違います。

 

内容はビジネスや自己啓発、健康、人間関係など幅広いのですが、

知識の羅列ではなく、心躍るストーリーにのせて、想一郎さんの「感覚」を伝えてくれます。

 

だから、メルマガを読むだけで視野が広がり、物事の捉え方が変わり、日々の意識や行動が、自然と前向きになっていきました。

 

自分が前向きになると、まわりの人たちの反応も変わり、関係性が少しずつよくなったり、

仕事では、会いたい人に会えたりとか、現実が、少しずつ動き始めました。

 

なにより、

失いかけていた自己信頼を取り戻し、いまは、自分の内側から、やる気が沸々と湧き出てくるのを感じています。

だから私はお伝えしたいのです。

 

もし、いま、あなたが、

何かに悩んだり、不安だったり

うまくいかないことがあるとしても、きっと大丈夫。

ひとつキッカケがあれば、必ず光は見えてきます。

 

時代はどんどん変化しているし、

これからの生き方を、あらためて考えたりもするでしょう。

そんなときは、独りで悶々とするより、

新しい学びが、風穴を開けてくれるかもしれません。

 

「自分らしい生き方を見つけたい」

「あたたかい仲間がほしい」

「とにかく人生を変えたい」

という人は、

ぜひ、佐藤想一郎さんのメールマガジン(無料)を読んでみてください。

視界がパッと拓けて、生き方が本質的に変わっていくと思います。