我をなくすにはどうしたらいい?心がまるくなる毎日の心がけと実践方法。

我をなくすにはどうしたらいい?心がまるくなる毎日の心がけと実践方法。

もっと成長したいと思ったとき、自分の「我」がジャマだな〜って感じることってありませんか?

自分でもわかってはいるけれど、無意識に発動してしまう「我」をなくすにはどうしたらいいか、わたしはつねづね考えていました。

そして、ある心がけと方法を取り入れたことで、自分でもちょっとは変わったかな?と思えるようになりました。

正直、我をなくすって簡単ではないけれど、地道にコツコツ積み重ねていけば、誰もが無意識のレベルで進化を遂げられるんじゃないかなと思います。

もし興味があれば、この先も読んでみてくださいね。

少しでもヒントになれば嬉しいです。

我とはなんぞや?まずは言葉を定義してみる

そもそも我とは、どんなことを指しているんでしょうね?

この先の話がぶれないように、まずは言葉の定義について、考えてみたいと思います。

ここでいう我というのは、言葉の通り、「わたし」と関係が深いものです。

そして、どちらかというと、自己中心的なネガティブな意味合いが含まれているのかなと思います。

それを自分自身が感じ取っているからこそ、我をなくしたいと思うわけですもんね。

ただ、現実世界で生きている限り、我と言いますか、自我を完全に切り離すことは難しいんじゃないかなと思っています。

自我から完全に解き放たれた状態というのは、自分と他者、周囲との区別がないってことですよね。

悟りを開いたような感じ?

自我そのものは生身の人間らしさという感じがしていて、より良い何かを望むこと、成長したいと願う気持ちにもつながっているのだと思うのです。

だから、自我はあっていいのだとわたしは考えています。

これに対して、我が強い、というようなニュアンスになると、自己中心が悪い方向に発動して、周囲が嫌な気持ちになっているような状況なのかなって思うんですね。

つまらないプライドであったり、意地のようなもの、素直になれない感じ。

あるいは自分が優位に立ちたいというような自分勝手な言動や思考であったり。

わたし自身は、こういうものを、手放した方がいい「我」だと考えていて、成長の妨げになるものとして定義したいと思うんですが、あなたはどんなふうに考えていますか?

もしよかったら、この先も読み進めてみてくださいね。

我をなくすために心がけたいマインドと方法

我とはなんなのか定義が済んだところで、次は我をなくすためにはどうすればいいのかを考えていきます。

我をなくすために、心がけるといいことがあります。

そして、心がけを無意識レベルで定着させていくためには、実践が重要になってきます。

わたしがどのような実践をしてきたか、まだまだ進化中ですが、現状でお伝えできることをシェアさせていただきますね。

いっとき、お役立ちの姿勢で生きる

わたしがベースとして持っている心がけは、人の役に立とうとする姿勢です。

そのことを説明する前に、まず、前提となる考え方をお伝えしておきますね。

自己中心と他者中心という言葉がありますが、この二つのバランスを取っていくことが、本来は望ましいことです。

他者中心の人は、一見、優しい人のようにも思えますが、他者中心に偏ってしまうと、自己犠牲になってしまうぶん、自分が苦しくなってしまうかもしれませんよね。

一方、自己中心というのは、自分の軸をしっかり持つという意味なので、他者を軽んじるということではありません。

自分の軸をしっかり持ちながらも、他者への配慮もある、それがバランスの良い在り方だと思うのです。

以上の内容が、前提として知っておいてほしいことです。

ですが、今からちょっと違うことを言いますね。

我をなくしたいなら、いっとき、徹底的に人のために尽くしてみてください。

何をするかは、なんでもいいと思います。

でも、ひたすら相手の幸せを願って行動していると、今までとはちょっと違う心境に行き着くんですよ。

わたしの場合は、ブログを書くことでした。

世の中の人がより良い人生を送るために、少しでもみんなにシェアできることはないか?

それだけを考えてブログを書き始めました。

そして、通常の仕事が終わった後、毎日1記事、必ず投稿することに決めたんです。

もちろん、どれだけ役に立てているかはわからないけれど、たった一人でも、役に立てたらいいなという気持ちで記事を書き続けました。

すると、お役立ちしよう、という言葉が脳内にインプットされたかのように、いつも頭に浮かぶようになってきたんです。

普段の生活の中でも、お役立ちしようという気持ちが発動しやすくなりました。

たとえば以前のわたしは、仕事の現場に行くと自分が担当する仕事のことばかり考えていましたが、ちょっと変わってきたんです。

まわりに目を向けるようになりました。

手前味噌ではありますが、ブログでお役立ち記事を目指してひたすら書いたことで、少しは我をなくせたのかなと感じています。

なので、もしあなたが我をなくしたいと考えているなら、人の役に立つ、お役立ちの姿勢で何かひとつ、継続的に続けてみてはどうでしょうか?

多少前のめりでもいいと思います。

まずは1ヶ月でも2ヶ月でも、これを徹底的にやって人の役に立つぞ!という実践を、徹底的にやってみると、きっと何か違う景色が見えてくると思いますよ。

そこで次に、実践のコツをシェアいたしますね。

実践のコツ①目標を作らずひたすら実践する

お役立ちの姿勢と実践は、一定期間、ひたすら継続してやっていくことが大事です。

こうなりたい!とか目標を下手に作らないほうがいいと思います。

なぜなら、こうなりたい!という気持ちが強くなると、それこそ我じゃないですか(汗)。

自分のためにやるのではなく、一定期間、あくまで人の役に立つことだけを考えたほうが良いかもしれません。

わたしが心がけていることは、こんな感じです。

  • 目の前のこと、相手のことだけを真剣に考える
  • とにかく毎日継続することが大事
  • 丁寧にやる

たとえば、ブログの文章を上手く書きたいと完璧主義になるのは、我が発動している証拠なんですよね。

上手くやろうとするのは自分のためだな、と気づきました。

そうではなくて、相手にとって読みやすくなるように気を配ったり、より良い人生となるように願って丁寧に書くことは大事だなと感じました。

何かを目指すのではなく、コツコツひたすら続けていくだけです。

実践のコツ②無駄な時間を作らない勢いで徹底してやる

わたしはブログでお役立ち記事を目指して1日1記事投稿すると決めたものの、わたしにとってそれは、簡単にできることではありませんでした。

通常の仕事もありますし、ブログの記事を書くのにも結構時間がかかってしまい、最初のうちは正直、きついなあと感じました。

でも、とにかく毎日やるぞ、っていうのは守ろうと思い、どうしたらブログと仕事を両立できるかなと考えました。

その結果、電車での移動時間にブログ記事の内容の構成を考えたり、ちょっとした隙間時間があれば、座れないような状況であっても、スマートフォンのメモ帳に文章を書くなどして、少しずつでも書くようにしました。

これが結果的に、良かったんじゃないかなと思います。

なんでかというと、1日の中で、とにかく無駄な時間をなくす勢いで、「役に立つ記事を書くぞ!」と常に考えていることができたからです。

ブログを毎日投稿するには時間的にキツキツだったんですが、しょうもないことを考えたり悩んだりする時間すらありませんので、「役に立とう」という気持ちが定着しやすかったのかなと思います。

なので、ゆとりのある中でいろんなことに気を取られながら実践するよりも、ちょっとストイックなくらいギリギリの状態で、それだけを考えるような生活にしていくと、新しい思考パターンが定着しやすいとわかりました。

キツそうって思うかもしれませんが、期間限定だから大丈夫。

ずっとだと厳しいかもしれないですけどね。

いっとき、チャレンジする価値はありますよ☆

まとめ:我をなくすには濃厚な瞬間を積み重ねる心がけが大切

いかがでしたか?

何事も焦ったり、歯を食いしばってやる必要はないと思いますが、我をなくすって、そんなに簡単なことじゃないなって、わたしは感じていました。

だから、人の役に立とうという心がけを、期間限定で徹底してやっていくという方法は、我をなくす方法としては効果的だと思ってます。

わたしは2ヶ月続けてみて、3ヶ月目で少しペースを緩めたのですが、続けているうちに自分の限界値が広がってきていて、最初はきついと思っていたことが、スムーズにできるようにもなっていました。

だから、ペースをゆるめたらすごく楽に感じたんですね。

このとき、もうちょっと、元のペースで続けてみようかなって思いました。

日々の生活の中で、しょうもないことを考える時間をなくして、人の役に立つぞ!というマインドだけで凝縮した時間を過ごす。

そのときの集中している感覚が、とても心地よく思い出されたからです。

まだまだ進化の途中ではありますが、以前はっきりと感じていた我の部分、自分にこだわる感覚をほとんど感じなくなっています。

その代わりに、人の中で生きる感覚、生かされている感覚があるんですね。

そもそも、お役だちの姿勢で生きようと思えるのも、他者の存在があるからです。

ほんと、有り難いですよね。

それに、人のためといいながら、結局、自分のためにもなっているんだよなぁ。

この感じをずっと続けて、もっと自分を研ぎ澄ましていきたいなぁと思っています。

あなたはどんなふうに感じたでしょうか?

もっと詳しく知りたい人は、下記の関連記事や、この記事の下の方で紹介しているメールマガジンも合わせて読んでみてくださいね。今の自分を超えるヒントが学べますよ☆

・豊かな人間関係に恵まれるには?つい我を押し通してしまうあなたにやってみてほしいこと。

・我が強いと言われるのが嫌な人へ。ココに気づけば、我がスッとなくなる!

writer : 伊藤睦

経済的・精神的な豊かさと、気の合う仲間に恵まれた、ストレスフリーな人生を目指して活動中です。このサイトでは、仕事や日常生活を楽しみながら、自由な心で生きるヒントをシェアします。

プロフィールはこちら

ここまでお読みくださり、ありがとうございます。

 

ひとりでも多くの方が、心の自由を獲得し、

人生の物語を進めるためのヒントになればと思い、

このブログを書いています。

 

最後にひとつだけ、私自身の人生の変化をシェアさせてください。

 

 

2年前、私は人生のどん底にいました。

 

仕事で行き詰まりを感じ、将来が不安でたまらない。

 

人間関係のゴタゴタで、精神的にも肉体的にも追い込まれる。

 

そして……

 

大切な人を助けることができなくて、

自分の無力さに心底、絶望していたんです。

 

そんなとき、偶然

いま私がいろいろなことを教わっている

「佐藤想一郎さん」を知り、

メールマガジンを読みはじめたら、

ほんの2〜3行で、気持ちがフワッと上向きになったのがわかりました。

 

そして、逸る気持ちで読み進めていくと、

深い霧がスーッと晴れていくように、心が軽くなったのです。

 

想一郎さんのメルマガは、フツウのメルマガとはちょっと違います。

 

内容はビジネスや自己啓発、健康、人間関係など幅広いのですが、

知識の羅列ではなく、心躍るストーリーにのせて、想一郎さんの「感覚」を伝えてくれます。

 

だから、メルマガを読むだけで視野が広がり、物事の捉え方が変わり、日々の意識や行動が、自然と前向きになっていきました。

 

自分が前向きになると、まわりの人たちの反応も変わり、関係性が少しずつよくなったり、

仕事では、会いたい人に会えたりとか、現実が、少しずつ動き始めました。

 

なにより、

失いかけていた自己信頼を取り戻し、いまは、自分の内側から、やる気が沸々と湧き出てくるのを感じています。

だから私はお伝えしたいのです。

 

もし、いま、あなたが、

何かに悩んだり、不安だったり

うまくいかないことがあるとしても、きっと大丈夫。

ひとつキッカケがあれば、必ず光は見えてきます。

 

時代はどんどん変化しているし、

これからの生き方を、あらためて考えたりもするでしょう。

そんなときは、独りで悶々とするより、

新しい学びが、風穴を開けてくれるかもしれません。

 

「自分らしい生き方を見つけたい」

「あたたかい仲間がほしい」

「とにかく人生を変えたい」

という人は、

ぜひ、佐藤想一郎さんのメールマガジン(無料)を読んでみてください。

視界がパッと拓けて、生き方が本質的に変わっていくと思います。