良いご縁に恵まれるには、順番が大切だという話。人生の流れを変える鉄則とは?

良いご縁に恵まれるには、順番が大切だという話。人生の流れを変える鉄則とは?

人生はで決まる、とも言われます。

運は、自分でコントロールできそうにありませんが、ひとつ言えるとすれば、

運がいい人は、いいご縁に恵まれている

ではないでしょうか?

多くの人は、それをわかっています。

だから、いいご縁を求めて行動する人は少なくありません。

 

ただ…やみくもに出会いを増やせばいいかというと、そうではないわけで。

なぜなら、運を開くのも縁なら、運を下げるのもまた、縁だからです。

 

だって、考えてみてください。

私たちの悩みって、人間関係に関するものも多いですよね。

家族、職場の同僚、パートナー、友人関係…。

関係性が近いほど、考え方のちょっとした違いがストレスになったり

足を引っ張られる形になったり(引っ張ってしまったり)。

縁によって、人生が停滞してしまう可能性もあるわけです。

 

では、どうしたら良縁を引き寄せ、育んでいけるでしょうか?

それが、今回のテーマです。

実は、良いご縁に恵まれるには、順番が大切だったんです…!

良縁に恵まれるためのファーストステップ

最初に答えを言ってしまうと、は、によってもたらされ、は、良いに引き寄せられます。

つまり、

気→縁→運

という流れで人生は進んでいきます。

出発点は、気、なんですね。

気というのは、その人から発せられるエネルギーのこと。

たとえば、前向きなエネルギーを表す場合、こんな言葉がありますよね。

元気、勇気、やる気、活気、根気、本気、気力、陽気、意気、気迫、士気、熱気、気が長い、気が回る、気くばりetc.

逆に、ネガティブなエネルギーを表す言葉としては、

弱気、陰気、悪気、内気、短気、邪気、気に病む、気後れ、気が散る、気の毒、気に食わないetc.

などがあります。

私たちは日頃、気が合う、気が合わない、なんて言ったりしますが、

感覚的に、他者から発せられるさまざまな気を嗅ぎ分けているんですね。

一般的には、同質なものに惹かれると言われます。

だから、エネルギーが高くて良い気をまとっている人ほど、ネガティブな気には敏感で、避けようとするもの。

不機嫌な人と、ご機嫌な人が一緒に居続けることは、難しいでしょう。

(逆に、不機嫌な人どうしだと、悪口とか言い合って盛り上がる…)

 

ですから、良縁に恵まれるには、第一に、自分自身の気を高める必要があるのです。

良縁に恵まれる、良い気に切り替える方法

そのために、日常的に心がけるといいのは、自分で自分の機嫌を取ることです。

何をするかは、お好みで大丈夫。

掃除や整理整頓で心身をスッキリさせる、でもいいし、美味しいものを食べたり、お笑い番組を観る、でもいいでしょう。

ちょこちょこ気持ちを上げて、気分良く過ごすことが大切ですよ!

プラス、それとは別に、必ずおこなってほしいことがあります。

 

それは、被害者意識を手放すこと。

 

被害者意識とは、ざっくりいうと、

私は悪くない!間違っているのはそっちでしょ!

という思考パターンです。

  • 被害者意識に支配されている人
  • 被害者意識から解放されている人

両者の人生を比べると、同じ境遇にあっても、展開がまったく変わってきます。

たとえば、これは実際にあった話なのですが、

ある職場で、同じ上司についたAさんとBさん。

上司は気が短く、すぐに怒る人だったので、他の同僚も、必要以上にこの上司と関わることを避けていました。

ですが、Aさんは上司に物怖じせず、普通に話しかけたり、上司の独り言を拾ってリアクションをするなど、ちょこちょこコミュニケーションを重ねていました。

また、業務に関することで、上司の得意分野を見つけては、教えを乞いに行きました。

その結果、上司と少しずつ打ち解けて、楽しく働けるようになったのです。

 

一方、Bさんは、この上司が嫌でたまらず、理不尽に怒られて心がむかつき、入社1ヶ月経った頃には「上司のせいで仕事がつまらない!もう辞めたい」と思うようになっていました。

 

あなただったら、どちらの生き方を選択しますか?

同じ境遇にありながらも、Aさんは、まさに前向きな気持ちで上司とのご縁を育んでいます。

Bさんは、嫌な気持ちに巻き込まれ、上司との縁を否定し、早くも会社を辞めようとしている。

 

職場に限ったことではありませんが、長い時間一緒にいれば、たいてい、モンダイの1つ2つは起こります。

そんな時、被害者意識に浸かって相手を責めても、争いが生まれるだけ。

どんどん嫌な気持ちになります。

ですが、Aさんは自らが舵を取り、目の前のご縁をどうしたら育てていけるか?と考えました。

その結果、楽しい気持ちで働けるようになったのです。

どうやって手放すか

もちろん、いろいろな状況があると思いますし、やっぱり「相手が悪い」と言いたくなることが、あるかもしれません。

ただ、

相手のせいにするというのは、自分は無力だと言っているのと同じ。

自分の人生を自分で創ることを放棄して、相手に委ねている、ということにほかなりません。

それよりも、先ほど例に挙げたAさんのように、「どうやったら…できるか?」と前向きに考えたほうがよくないですか?

相手に影響されて不機嫌になるのではなく、相手がどうであれ、自分の気持ちは自分で選べるのです。

その明るさや軽やかさが、良いご縁につながっていきます。

もしよかったら、こちらの記事もぜひ参考にしてみてください。

良いご縁に恵まれるには_まとめ

いかがでしたか?

運をよくするには順番があり、最初の一歩は気を良くすること、という話をシェアさせていただきました。

まとめると

  • 人生が進む流れは、気→縁→運
  • 前向きでいれば良い出会いがある
  • 不機嫌だと良縁は来ない
  • 気を高めるには被害者意識を手放すこと

まずは気を高めてご機嫌な人になり、良いご縁を育てていきましょう。

それでは今日はこの辺で。

もしよかったら、以下のおすすめ記事や、この記事の下の方で紹介している無料のメールマガジンも併せて読んでみてくださいね。

おすすめ記事:よいご縁を育てていくために、意識したいこと。

writer : 伊藤睦

経済的・精神的な豊かさと、気の合う仲間に恵まれた、ストレスフリーな人生を目指して活動中です。このサイトでは、本音で生き、心の自由を手に入れるヒントをシェアします。

プロフィール

ここまでお読みくださり、ありがとうございます。

 

ひとりでも多くの方が、心の自由を獲得し、

人生の物語を進めるためのヒントになればと思い、

このブログを書いています。

 

最後にひとつだけ、私自身の人生の変化をシェアさせてください。

 

 

2年前、私は人生のどん底にいました。

 

仕事で行き詰まりを感じ、将来が不安でたまらない。

 

人間関係のゴタゴタで、精神的にも肉体的にも追い込まれる。

 

そして……

 

大切な人を助けることができなくて、

自分の無力さに心底、絶望していたんです。

 

そんなとき、偶然

いま私がいろいろなことを教わっている

「佐藤想一郎さん」を知り、

メールマガジンを読みはじめたら、

ほんの2〜3行で、気持ちがフワッと上向きになったのがわかりました。

 

そして、逸る気持ちで読み進めていくと、

深い霧がスーッと晴れていくように、心が軽くなったのです。

 

想一郎さんのメルマガは、フツウのメルマガとはちょっと違います。

 

内容はビジネスや自己啓発、健康、人間関係など幅広いのですが、

知識の羅列ではなく、心躍るストーリーにのせて、想一郎さんの「感覚」を伝えてくれます。

 

だから、メルマガを読むだけで視野が広がり、物事の捉え方が変わり、日々の意識や行動が、自然と前向きになっていきました。

 

自分が前向きになると、まわりの人たちの反応も変わり、関係性が少しずつよくなったり、

仕事では、会いたい人に会えたりとか、現実が、少しずつ動き始めました。

 

なにより、

失いかけていた自己信頼を取り戻し、いまは、自分の内側から、やる気が沸々と湧き出てくるのを感じています。

だから私はお伝えしたいのです。

 

もし、いま、あなたが、

何かに悩んだり、不安だったり

うまくいかないことがあるとしても、きっと大丈夫。

ひとつキッカケがあれば、必ず光は見えてきます。

 

時代はどんどん変化しているし、

これからの生き方を、あらためて考えたりもするでしょう。

そんなときは、独りで悶々とするより、

新しい学びが、風穴を開けてくれるかもしれません。

 

「自分らしい生き方を見つけたい」

「あたたかい仲間がほしい」

「とにかく人生を変えたい」

という人は、

ぜひ、佐藤想一郎さんのメールマガジン(無料)を読んでみてください。

視界がパッと拓けて、生き方が本質的に変わっていくと思います。

 

(最終更新:2020年8月23日)
CATEGORY :