意志が弱いのを克服!自然とやる気になって行動力もアップした理由。

意志が弱いのを克服!自然とやる気になって行動力もアップした理由。

やる気はあるのだけど、行動が気持ちについていかない。

それが何度も重なると、私って意志が弱いなぁ。。と凹んでしまいますよね。

たとえば、やると決めたことができなかったり、あるいは、休日は思いっきり遊ぼうと思っていたのに、いざ休みの日になるとダラダラ過ごしてしまったり。

ところが5ヶ月ほど前から「行動記録」をつけはじめたところ、自然と意志力がアップして、行動量がけっこう増えてきたんです。

おまけに、自己管理がスムーズになり、とくに体調管理が以前よりうまくいくようになりました!

そこでこの記事では、私自身が実感した方法と、意外な効果についてお伝えします☆

意志の弱さを克服したきっかけは、行動記録。

行動記録とは、予定を書くこととは逆で、1日の終わりにその日を振り返り、自分が行動したことを書く、というものです。

意味合いとしては、日記のようなものですね。

ただ、日記ほどしっかりした文章を書かなくてもOK。

事実を、さらっと書いておくだけでいいんです。

たとえば、私自身のある日の行動記録の一部をご紹介すると、

  • 7:00〜8:00 ウォーキング
  • 9:00〜12:00 仕事(企画書の作成)
  • 12:00〜13:00 インドカレー屋さんでランチ

こんな感じです。

時間はアバウトでいいし、上記を見ると、8時から9時のあいだが空白になっています。

何をしていたのか、振り返ったときに思い出せなかったのでしょう。

でも最初は、こんな感じで大丈夫です。

とりあえずは書くことが大事!

行動記録のよさは思っていた以上にいろいろあったのですが、それは順次お伝えするとして。

いちばんに実感できたことは、行動記録をつけると自然と行動的になる、ということでした。

そこで、どんな感じで書いていけばいいのか順を追って説明しながら、コツや効果についてもお伝えしていきますね。

意志力をアップする〈行動記録用〉ノートの選び方

まずは、記録するためのノートを準備します。

サイズや大きさは何でもよいですし、紙のノートでなく、パソコンやスマホのメモ帳やカレンダーなどを利用しても良いかと思います。

しいていえば、紙のノートのほうが、あとで見返すときに見やすいかなぁ、とは思います。

大切なのは、気に入ったものを選ぶこと。

適当に選んだり、他のことにも使っているメモ帳や手帳に書き込むよりも、行動記録専用に、一冊用意するのがおすすめです。

そのほうが、行動記録を書くことに意識を向けやすいですし、日々、書き重ねるにつれ、ノートが特別なものになっていきます。

私の場合は、1日1ページのタイプの手帳を使っています。

ページの左端に時間のメモリが入っていて便利ですし、フリースペースが多いので、気づいたことをいろいろ書き込めます。

記録ってあとから読むと結構おもしろいし、気づきも多いので、慣れてきたらいろいろ書いておくといいですよ。

なので、個人的には、余白がたくさんあるノートがおすすめです。

ということで、いよいよ、行動記録がなぜそんなに良いの?という話をしていきます。

行動記録でやる気を引き出せる理由。

私は行動記録をつけはじめたら、自然と行動量が増えました。

それまでは、2時間くらい机に向かったままボーッとしてしまったり、朝、ウォーキングをしようと決めても「今日はまぁ、いいか」と謎にやめてしまうことが結構あったんですね。

ですが、行動記録を書いているうちに、日常の行動のひとつひとつに、しっかり意識が向くようになってきたんです。

時間を大切にするようになったともいえますね。

夜、行動記録をつけていると、この時間ムダだったなぁと反省することがよくあるので、日中も、ひとつの行動から次の行動にスムーズに移るよう心がけるようになったのです。

たとえば一瞬、「今日はウォーキングに行きたくないなぁ」と思っても、ウダウダ考えるのがもったいないので、「とりあえず行っとこう!」という発想に切り替わります。

でもこれは、私の意志が強くなったからではなくて、脳が「行動記録を書くのだ」ということを覚えてくれて、私が行動記録を書きやすい行動をとらせてくれた、のだと思っています。

そもそも人間の行動というのは、脳のプログラムによって意思決定がなされるそうです。

たとえば、自分の顔をめがけて虫が飛んできたら、自然に避けますよね。

あと、好きな音楽を聞いていると、リラックスしますよね。

このような小さなこと、自分が意図したつもりはないことさえ、脳がそのつど、虫を避ける、リラックスする、という意思決定をしているのです。

何を基準に決定するのかというと、生まれ持った直感というのもそうですし、過去の経験だったり社会的な立場、周りにいる人たちの考え方(から受ける影響)などなど、たくさんの要因を踏まえた上で、意思決定がおこなわれると言われています。

なので、そもそも意志が弱い、やる気が起きないというのは、これまでの脳の意思決定プログラムがそうなっていたから、なのかもしれません。

それは変えることが可能だし、変えるためには、新しい習慣を投入することが大事になってくるのです。

新しい習慣を、脳に覚えてもらうのです。

今回の場合、それが、「行動記録をつけること」だったんです。

意志力アップしながら体調管理もできる理由。

私の場合、ノートにはその日の行動を時系列で書くほか、

  1. 食べたもの
  2. 天気
  3. 気分
  4. 体調面で気になったこと(睡眠、頭痛、肌荒れ、関節痛など)

なども書いています。

1、2は必須事項、3、4は気になったら書く感じです。

これがすごく、体調管理に役立っています。

自分の傾向として、体調が悪いと気持ちも落ちやすい、ということは何となくわかっていたのですが、さらにどんなときに体調が悪くなるのか?が気になるところでした。

そこで、上記の項目を記録したところ

  • ちゃんと食べているつもりでも、全体的に意外と食べていない(偏りがち)こと。
  • とくに肉や魚などのたんぱく質が少ないこと。
  • 普段なるべく控えるようにしている焼き菓子を何日か連続して食べると、翌週に肌荒れになることが多いこと。
  • お菓子をいちど手に取ると、たくさん食べてしまう傾向があること。
  • 雨や曇りの日、心身がだるくなりやすいこと。

といった傾向が見えてきました。

特に食事に関しては、わりと気をつけているつもりでしたが、この「わりと」というのがよくない思い込みでした。

書き出してみて、よくわかりました。

今はなるべくいろいろな食材、とくに肉や魚を意識して摂るようにしているし、野菜も使い慣れたものだけでなく、いろんなものを摂るように心がけています。

お菓子は日頃から食べすぎないようにしているのですが、基本、好きなため、いちど手にとるとストッパーがはずれたかのように、たくさん食べてしまうことがありました。

それを自覚しただけでも十分効果があり、食べ過ぎることはなくなりました。

また、雨や曇りだと体がだるくなるっていうのは、昔から言われていることなのだそうです。

(気圧が低いと血圧が下がるため、人によっては頭痛や関節痛が出たり、のどがつらくなったりする)

ただ、自律神経が安定していれば、天候の影響は受けにくくなるそう。

なので、体調管理の面では、自律神経が安定するような生活にしていくことが目下のテーマとなっています。

行動を記録して、意志の弱さを克服! まとめ

なので、行動記録はざっくりと書くだけでも全体的な意志力アップにつながりますし、さらに食事内容や体調面などを記録しておくと、これまで自分が意識せずにいたことを、意識できる状態になります。

意識できるということは、これからもっとよくしていける、ということですね!

これまでのお話で、

  1. 行動記録をつけると自然と行動量が増える
  2. 食事内容や体調なども記録することで、陥りがちな傾向が見えてくる

ということをお伝えしましたが、私の実感としては、実は2がすごく大切。

2で見えてきたことを改善していくと、心身が根本から整っていく感じがします。

食事や健康面に気をくばり、ていねいに生活すること。

「よくない状態」になりそうだったら、善いこと、好きなことをしていくこと。

それが、人としてのエネルギーの高さ、意志力&やる気アップの土台になると感じます。

すると、1の行動量アップにもつながります。

意志が弱いのを克服するには、こんなふうに、日々の行動を書き、自分を知ることからでも始められるのです!

あ、それから、これはおまけですが、行動記録は振り返りが中心になりますが、最後に「明日はこんな日にしよう」というざっくりした望みを考えるようにする(書き添えておく)と、いい気分で眠れますよ☆

また、実現力がアップする目標の立て方を知りたい人は、こちらの記事もどうぞ!

writer : 伊藤睦

経済的・精神的な豊かさと、気の合う仲間に恵まれた、ストレスフリーな人生を目指して活動中です。このサイトでは、本音で生き、心の自由を手に入れるヒントをシェアします。

プロフィール

ここまでお読みくださり、ありがとうございます。

 

ひとりでも多くの方が、心の自由を獲得し、

人生の物語を進めるためのヒントになればと思い、

このブログを書いています。

 

最後にひとつだけ、私自身の人生の変化をシェアさせてください。

 

 

2年前、私は人生のどん底にいました。

 

仕事で行き詰まりを感じ、将来が不安でたまらない。

 

人間関係のゴタゴタで、精神的にも肉体的にも追い込まれる。

 

そして……

 

大切な人を助けることができなくて、

自分の無力さに心底、絶望していたんです。

 

そんなとき、偶然

いま私がいろいろなことを教わっている

「佐藤想一郎さん」を知り、

メールマガジンを読みはじめたら、

ほんの2〜3行で、気持ちがフワッと上向きになったのがわかりました。

 

そして、逸る気持ちで読み進めていくと、

深い霧がスーッと晴れていくように、心が軽くなったのです。

 

想一郎さんのメルマガは、フツウのメルマガとはちょっと違います。

 

内容はビジネスや自己啓発、健康、人間関係など幅広いのですが、

知識の羅列ではなく、心躍るストーリーにのせて、想一郎さんの「感覚」を伝えてくれます。

 

だから、メルマガを読むだけで視野が広がり、物事の捉え方が変わり、日々の意識や行動が、自然と前向きになっていきました。

 

自分が前向きになると、まわりの人たちの反応も変わり、関係性が少しずつよくなったり、

仕事では、会いたい人に会えたりとか、現実が、少しずつ動き始めました。

 

なにより、

失いかけていた自己信頼を取り戻し、いまは、自分の内側から、やる気が沸々と湧き出てくるのを感じています。

だから私はお伝えしたいのです。

 

もし、いま、あなたが、

何かに悩んだり、不安だったり

うまくいかないことがあるとしても、きっと大丈夫。

ひとつキッカケがあれば、必ず光は見えてきます。

 

時代はどんどん変化しているし、

これからの生き方を、あらためて考えたりもするでしょう。

そんなときは、独りで悶々とするより、

新しい学びが、風穴を開けてくれるかもしれません。

 

「自分らしい生き方を見つけたい」

「あたたかい仲間がほしい」

「とにかく人生を変えたい」

という人は、

ぜひ、佐藤想一郎さんのメールマガジン(無料)を読んでみてください。

視界がパッと拓けて、生き方が本質的に変わっていくと思います。

 

(最終更新:2020年1月1日)
CATEGORY :