自分らしさがわからない人へ。もう生き方で悩まないようになる!

自分らしさがわからない人へ。もう生き方で悩まないようになる!

この記事では、自分らしさがわからないと思っているあなたに、これ以上、生き方で悩まないためのヒントをお届けします。

ちょっと前に、ディズニー映画の『アナ雪』で、ありのままに〜というフレーズが大流行しましたよね(だいぶ前ですね)。

ありのままに生きる=自分らしく生きる、ということは、きっと、多くの人が願望として持っていることなんだと思います。

でも、だからこそ、自分らしさって何なの?とわからなくなったりもしますよね。

わたしの場合はどちらかというと逆で、かつては自分らしさ(と思っていた)に固執するタイプでした。

自分らしくあろうとして、生きづらくなってしまう人だったんです。

それでも、自分と向き合っていくうちに、自分らしさって何なのか、認識が変わってきたんです。

その結果、穏やかな気持ちでいることが増えました。

今回シェアさせていただく内容は、自分らしさがわからなくて悩んでいる人にも、逆に、自分らしさにこだわっている人にも参考にしていただけるんじゃないかと思いますので、もしよかったら、この先も読み進めてみてくださいね。

自分らしさなんて、いらない?!

これは、ちょっとした矛盾なのですが、常識を押しつけられると息苦しいと感じる一方で、「自分らしく生きよう」、「個性を大事にしよう」といわれて戸惑ってしまうこともあるんじゃないでしょうか。

わたしは、自分らしく生きるというフレーズは、ちょっと曲者だと思っています。

なぜなら、自分らしく生きよう!って、前向きに行動できるならいいのですが、「自分らしさがわからない」「やりたいことがわからない」って、焦りのような気持ちになってしまうこともあると思うから。

でも、もし今、あなたが「自分らしさ」をわかっていなくても大丈夫です。

なぜなら、自分らしさはこれだ!とわかっていなくても、自分らしい生き方はできるからです。

だって、どう考えたって、あなたはあなただからです。

他の誰かになることはできないですよね。

だから、自分らしさが何なのか、ということを、そんなに深く考えなくてもいいと思うんですよ。

自分らしさを見つけようとして悩まない

それに、自分が考えている自分らしさって、単純に思い込みや願望だったりしますからね。

これが自分らしさなんだ、と強く思い込んでいると、その分、嫌なことも増えちゃうんですよね。

わたしは以前、こういう仕事は自分らしくないな、と思ってやらないでいた仕事がありました。

でも、近しい人に頼まれて、しぶしぶ引き受けてみたところ、意外と楽しかったんです。

このとき、「これがわたしの自分らしさ」という型を大事にするあまり、自分の枠を狭めていたんだなと気づきました。

これは自分らしくないと思って避けていると、自分らしさだと思っていたことも、いつの間にかただの逃げや苦手になっていくのです。

逆に、自分らしさにこだわらず、状況にゆだねるようにしてみたら、自分にはできないと思っていたことが簡単にできてしまったり、しかも意外と楽しかったりと、自分の枠が広がっていくのを感じました。

だから、自分でわかっている自分らしさなど、あてにならないのです。

自分でわかっている自分らしさは、単なる思い込みと願望だったんです。

だから、あなたが自分らしさというものがわからなくて悩んでいるとしても、何ら気にすることはないですよ☆

これからは、自分らしさをがんばって見つけようとしなくても大丈夫です。

その代わりに、あることを大事にすれば、自然と自分らしい生き方になっていくと思いますよ。

次は、そのことについてシェアさせていただきますね。

自分らしい在り方を体現して生きよう

自分らしく生きるっていうと、何をするか、つまり行動にフォーカスした考え方になりがちだと思います。

わかりやすいのは職業ですよね。

自分らしい仕事がしたい、って思いますもんね。

でもこれ、逆に捉えることもできます。

目の前の仕事を自分らしくやるってことです。

何をするか、ではなく、どういう姿勢や感情でそれをやるのか。

そういう考え方もありだと思うんです。

いつ、どんな瞬間も、自分らしさを表現して生きることが大事なんだなと、今は思うようになりました。

じゃあ、どうしたら、いつ、どんな瞬間も自分らしさを表現できるのか。

そこで大事になってくるのが、インスピレーションに従って生きるということです。

インスピレーションに敏感になれば、悩まない生き方ができる

何かひとつのことに対して、真っ先に感じたこと、それがインスピレーションだとわたしは捉えています。

でも、真っ先に感じた気持ちで物事を選択するのって、意外と難しいと思いませんか?

たとえば、友だちから旅行に誘われたとします。

行きたい、けど貯金が減っちゃうな〜、今回はやめとこう、っていうんだったら、それはもう、インスピレーションじゃないですよね。

自分で決めてはいるけど、最初に出てきた「行きたい!」という感情を無視していますもんね。

あるいは、何か頼まれごとをして、「まぁ、いいか」と思って引き受けたとします。

引き受けることにそれほど抵抗はなかったとしても、最初に出てきた気持ちを探っていくと、「ほんとは早く帰ってゆっくりしたいけど」とか、本心が別にあったりします。

本心が別にあることを認識できているならまだ良いのですが、なかには、まったく認識されていない本心というのも、おそらく、たくさんあるんですよ。

どんなときも自分の本心に敏感になり、それを受け取って生きること、それがインスピレーションに従って生きるということだし、その積み重ねによって、結果的に自分らしい生き方になっていくこともあると思うんです。

インスピレーション=自分らしさを受け取るには、今この瞬間を真剣に生きること

インスピレーションというと、特別なときに受け取るものだというイメージがあるかもしれませんが、わたしはこう考えています。

インスピレーションは、常にわたしたちのもとに降り注いでいるもの。

大切なのは、それを自分から感じようとすることです。

感じる、と書いたのは、理屈で判断することとは違うと思っているからです。

なんか良い感じがする、なんか嫌な感じがする、という感覚。

わたし自身は、人の言葉やあらゆる現象に対して瞬時に沸き上がった、揺らぎのようなものを感じ取ろうと心がけています。

アタマで判断しちゃう前に、嗅覚を働かせる、みたいな。

一瞬の揺らぎに敏感になることが、インスピレーションを受け取るということであり、自分らしさを大事にして生きるスタートだと感じています。

自分らしい生き方という型を探そうとするのではなく、今この瞬間を自分らしく生きることが、自分らしい人生につながっていくと思っています。

わたしもまだまだ成長の途中ですが、インスピレーションを受け取って生きるということを心がけるようになってから、自分の中に、少し自信のようなものを感じられるようになりました。

わたしのこの先の人生には、今の自分では想像していないような可能性があるのかもしれない。

それがなんなのか一生懸命考えるのではなくて、インスピレーションを受け取る感覚をずっと大事にしていけば、自分の進む道も自ずと決まってくるんだろうなと信じています。

まとめ:本質的な自分らしさを感じていれば、生き方について悩まないようになる

いかがでしたか?

自分らしさがわからず、何をすべきかと悩んでしまうときもあると思います。

そんなときは、目の前にあることを通じて、あなた自身を表現してみてはいかがでしょうか。

あなた自身を表現する、とは、インスピレーションを受け取って生きるということです。

自分の選択が本心からのものなのか、心の声を聞こうとする姿勢です。

わたしは、アタマで判断する前の一瞬の揺らぎに敏感になろうと心がけています。

もちろん、論理的に判断して物事を選択することもあるのですが、考える前に、まずは感じること。

一瞬の揺らぎをちゃんと受け取れるようになりたいなぁと思っています。

そこに、自分らしさがあるからです。

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

writer : 伊藤睦

経済的・精神的な豊かさと、気の合う仲間に恵まれた、ストレスフリーな人生を目指して活動中です。このサイトでは、本音で生き、心の自由を手に入れるヒントをシェアします。

プロフィール

ここまでお読みくださり、ありがとうございます。

 

ひとりでも多くの方が、心の自由を獲得し、

人生の物語を進めるためのヒントになればと思い、

このブログを書いています。

 

最後にひとつだけ、私自身の人生の変化をシェアさせてください。

 

 

2年前、私は人生のどん底にいました。

 

仕事で行き詰まりを感じ、将来が不安でたまらない。

 

人間関係のゴタゴタで、精神的にも肉体的にも追い込まれる。

 

そして……

 

大切な人を助けることができなくて、

自分の無力さに心底、絶望していたんです。

 

そんなとき、偶然

いま私がいろいろなことを教わっている

「佐藤想一郎さん」を知り、

メールマガジンを読みはじめたら、

ほんの2〜3行で、気持ちがフワッと上向きになったのがわかりました。

 

そして、逸る気持ちで読み進めていくと、

深い霧がスーッと晴れていくように、心が軽くなったのです。

 

想一郎さんのメルマガは、フツウのメルマガとはちょっと違います。

 

内容はビジネスや自己啓発、健康、人間関係など幅広いのですが、

知識の羅列ではなく、心躍るストーリーにのせて、想一郎さんの「感覚」を伝えてくれます。

 

だから、メルマガを読むだけで視野が広がり、物事の捉え方が変わり、日々の意識や行動が、自然と前向きになっていきました。

 

自分が前向きになると、まわりの人たちの反応も変わり、関係性が少しずつよくなったり、

仕事では、会いたい人に会えたりとか、現実が、少しずつ動き始めました。

 

なにより、

失いかけていた自己信頼を取り戻し、いまは、自分の内側から、やる気が沸々と湧き出てくるのを感じています。

だから私はお伝えしたいのです。

 

もし、いま、あなたが、

何かに悩んだり、不安だったり

うまくいかないことがあるとしても、きっと大丈夫。

ひとつキッカケがあれば、必ず光は見えてきます。

 

時代はどんどん変化しているし、

これからの生き方を、あらためて考えたりもするでしょう。

そんなときは、独りで悶々とするより、

新しい学びが、風穴を開けてくれるかもしれません。

 

「自分らしい生き方を見つけたい」

「あたたかい仲間がほしい」

「とにかく人生を変えたい」

という人は、

ぜひ、佐藤想一郎さんのメールマガジン(無料)を読んでみてください。

視界がパッと拓けて、生き方が本質的に変わっていくと思います。