時間が足りない!激務の社会人が知っておきたい、まとまった自由時間の作り方5つ。

時間が足りない!激務の社会人が知っておきたい、まとまった自由時間の作り方5つ。

休みもなかなかとれないような、激務の日々に身を置く社会人としては、まとまった自由時間が欲しい!って思いますよね。

時間が足りなくなってしまうのには、実は、いくつかの本質的な原因があります。

そこで今回は、5つの原因を解説するとともに、解決策(時間の作り方)をシェアします。

社会人になると、自由時間がなくなってしまう5つの原因と解決策。

仕事が激務で拘束時間が長かったりすると、必然的に、仕事以外にかけられる時間は少なくなりますよね。

スキマ時間を活用したりして、いろいろ工夫をされている方も多いでしょう。

ただ、仕事が忙しいという表面的な理由の裏には、時間がなくなってしまう別の原因があることも多いのです。

仕事自体を減らすことが難しい場合でも、本質的な原因をクリアしていけば、ちょっとずつ自由な時間は増やしていけるはず!

ここから先は、気になる部分だけ読んでも大丈夫ですが、実際にはいくつもの原因が絡んでいることが多いので、サラッとでも一通り目を通してみると、思わぬところにヒントが隠れているかもしれませんよ☆

以下、時間が足りなくなってしまう5つの原因です。

  1. ルールに追われている
  2. 目先のことを優先している
  3. 人間関係が多すぎる
  4. 物事を一人で抱え込んでいる
  5. 自分との約束を守っていない

ひとつずつ、お伝えしていきますね!

ルールに追われている

焦ったり、あれもやらなくちゃ、これもやらなくちゃ、という気持ちに駆られることってありますよね。

この、時間に追われている……という感覚、たまにそうなるくらいならまだしも、つねにそうだとしたら、精神衛生上、キツいですよね。

いったい、なぜ時間に追われてしまうのでしょうか?

単純に、やることが多すぎるという場合もあるとは思うのですが、それとは別に、このような原因もあるかと思います。

それは、自分で課した、必要のないルールに追われている、ということです。

私の場合、以前は謎のルールがありました。

たとえば仕事の納品日が、水曜日中(夕方までとかアバウトな感じ)だったとしますよね。

でも、私のなかでは、

水曜日が締め切り = 水曜日のAM8:30までにメールで送っておく!

という、マイルールがあったんです。

それで朝方、間に合わない!と一人で焦っていることがよくありました。

それは、遅い時間帯に送るよりも、朝イチで納品したほうが、相手が確認する時間もたくさんとれるだろうし、いいんじゃないかなと思ったからです。

もちろん、そのように心がけること自体はよいと思うのですが、いつの間にか、そうしなくてはいけない、というルールになっていて、自分で自分を追い込んでいました……。

だから、必要以上に焦り、やばい、時間足りない!という感覚になることが多かったんですね。

そして、一つの案件が終わると、次の仕事も早め早めで詰め込んでいくので、一向に自由な時間にならないのです。

これからは、「それ、本当に今やる必要があるの?」「そこまでやる必要あるの?」などと、自分に問いかけてみましょう。

ルールをなくし、もう少し気楽になれば、案外時間は増えるかもしれませんよ〜。

ルールについては、下記の記事に詳しくまとめていますので、もしよかったらどうぞ!

参考:なぜあの人は悩まないのか?ムダな思考を手放して気楽に生きる方法。

目先のことを優先している

仕事はもちろん、自分のための勉強など、やりたいこと、すべきことなどいろいろありますよね。

よく、優先順位をつけましょう、っていいますが、その順位付けを間違えると、本当にやりたいことが、いつまでも手つかずになります。

だから、時間がない、という気持ちが強くなってくるんですよね。

私は以前、重要でかつ緊急性の高い案件から手をつけるのが良い、と勘違いしていました。

見たことがある方もいらっしゃると思いますが、下の図をご覧ください。

やることがたくさんあるときは、上記のように、重要性と緊急性という2つのベクトルでものごとを整理し、優先順位を決めるとよい、という方法があります。

上記のB=重要かつ緊急性のあることを優先するという考え方も、確かに必要なのですが、さらに意識したほうがいいのは、A=緊急ではないが、長期的に見て重要、というカテゴリーです。

「やるべき」ことよりも、自分がやりたいこと、自分の成長やスキルアップのための勉強を優先させるのです。

Bばかりを優先していると、いつまでもAに取りかかれず、時間が不足してる感が募ってきます。

緊急の案件も確かに大事なのかもしれませんが、Aに取り組むことで、長い目で見ると、仕事の質が向上するなどよい効果がもたらされるはずです。

大事なことは、自由時間がどれだけあるか、ではなく、自分のしたいことをする時間を確保できているか、ということなんですよね。

Aをできるだけ優先することで、やりたいことができているという充実感も得られ、私自身は、時間が不足している感覚がなくなっていきました。

※重要度が低いカテゴリーはそもそもやる必要ないですよね。。。

人間関係が多すぎる

人間関係は大切にしたいものですが、付き合いが多くなりすぎると、自分のことに使う時間がなくなりますよね。

付き合いにも優先順位をつけることが大切かもしれません。

人間関係が多すぎると感じていたら前の項目「目先のことを優先している」のところで紹介した、重要度と緊急性の図に、現在の人間関係をあてはめてみてください。

抵抗があるかもしれませんが……これも自分自身の成長のため!

付き合いが多すぎると感じている方は、多少の断捨離をおすすめします。

物事を一人で抱え込んでいる

他の人に頼めることを、自分だけでやろうとしていませんか?

説明するのがめんどうだから、自分でやってしまおうとか、人に頼むことに対して億劫になっていると、細かい雑用なんかが増えていきますよね。

すると、あっという間に時間が埋まっていきます。

実は、私自身もそういう傾向があったんですが、今はなるべく、自分ですることと、人にお願いすることを分けるようにしています。

たとえば以前、仕事関係で細かい集計作業(完全に雑用です)を買って出たことがあったんですが、一人でやると、半日くらいかかってしまうような内容でした。

でも、あるときから、その案件に関わっている人全員に少しずつ割り振って、最後に私がまとめるようにしたら、1時間程度でできるようになりました。

大幅な時間短縮!

一人あたりの負担はそれほど大きくないし、みんなも快く引き受けてくれました。

頼めるところを人に頼むようにすれば、自由な時間も増えるし、みんなでやるようにしたほうが、関わる人たちの気持ち的にも楽なのかなと思います。

抱え込むクセがある方は、速攻で手放しましょう。

自由な時間、きっと増えますよ!

自分との約束を守っていない

人のために行動できることは素晴らしいと思いますが、他者を優先しすぎてしまうと、自分のことがおざなりになります。

自分をおざなりにすると、自分のやりたいことが何もできていないという不足感が募り、時間が足りない!と感じてしまいます。

人のためと自分のため、そのバランスが、難しいかも知れませんね。

参考:自分を大切にする11の具体策。でも、わがままな人になるのは嫌な人へ。

そこで、心がけるといいのは、自分との約束を守ることです。

たとえば、土曜日は資格の勉強をしよう、と決めていたとします。

そこに、昔の知り合いから連絡があって、遊びに誘われました。

さて、あなたはどうしますか?

おそらく、土曜に仕事の予定が入っていたのなら、「ごめん、その日は仕事なんだ」と言って断りますよね。

でも、資格の勉強ならいつでもできるし、知人からの誘いは断りづらいから、遊びに行っちゃおうかな、などと思いがちではないですか?

なぜ、仕事や友人との約束は守るのに、自分が決めたこと、自分との約束は簡単に破るのでしょうか?

このような傾向にあると、なかなかやりたいことはできないかもしれません。

ほんとうは時間があったのに、時間がとれないとか、急に予定が入って……とか言うことになってしまうんですよね。

ですので、何か継続的にやっていきたいことがあるなら、時間のメモリがついた手帳を用意して、この日のこの時間帯は勉強、などと記入しちゃいましょう。

私は一時期、午前中は基本的に予定を入れない!と決めて、時間を確保するようにしていました。

午前中は勉強の時間にあて、午後に集中して仕事をするようにしたら、それでもきちんと回っていきましたよ。

もしかしたら、それまでの仕事の仕方が、1つのことに時間をかけすぎだったのかもしれないし、午前中は仕事をしないと決めることで、自然とスピードアップできたのかもしれませんね。

なにはともあれ、自由時間をしっかり確保することができました!

ぜひ試してみてくださいね。

激務の社会人がまとまった自由時間を作るには?_まとめ

いかがでしたか?

時間がない!と感じていても、何かを見直すことで、意外とまとまった時間がとれるかもしれません。

おさらいすると、以下のような方法で、時間を生み出せます。

  • 仕事を前倒しで詰め込みすぎない
  • 長期的にみて重要なことを優先する
  • むやみに付き合いを増やすのではなく、関わる人を決める
  • 一人で抱え込まず、周囲と協力する
  • 大切な予定はあらかじめ時間を確定しておく

充実した時間を増やしていきましょう!

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

writer : 伊藤睦

経済的・精神的な豊かさと、気の合う仲間に恵まれた、ストレスフリーな人生を目指して活動中です。このサイトでは、本音で生き、心の自由を手に入れるヒントをシェアします。

プロフィール

ここまでお読みくださり、ありがとうございます。

 

ひとりでも多くの方が、心の自由を獲得し、

人生の物語を進めるためのヒントになればと思い、

このブログを書いています。

 

最後にひとつだけ、私自身の人生の変化をシェアさせてください。

 

 

2年前、私は人生のどん底にいました。

 

仕事で行き詰まりを感じ、将来が不安でたまらない。

 

人間関係のゴタゴタで、精神的にも肉体的にも追い込まれる。

 

そして……

 

大切な人を助けることができなくて、

自分の無力さに心底、絶望していたんです。

 

そんなとき、偶然

いま私がいろいろなことを教わっている

「佐藤想一郎さん」を知り、

メールマガジンを読みはじめたら、

ほんの2〜3行で、気持ちがフワッと上向きになったのがわかりました。

 

そして、逸る気持ちで読み進めていくと、

深い霧がスーッと晴れていくように、心が軽くなったのです。

 

想一郎さんのメルマガは、フツウのメルマガとはちょっと違います。

 

内容はビジネスや自己啓発、健康、人間関係など幅広いのですが、

知識の羅列ではなく、心躍るストーリーにのせて、想一郎さんの「感覚」を伝えてくれます。

 

だから、メルマガを読むだけで視野が広がり、物事の捉え方が変わり、日々の意識や行動が、自然と前向きになっていきました。

 

自分が前向きになると、まわりの人たちの反応も変わり、関係性が少しずつよくなったり、

仕事では、会いたい人に会えたりとか、現実が、少しずつ動き始めました。

 

なにより、

失いかけていた自己信頼を取り戻し、いまは、自分の内側から、やる気が沸々と湧き出てくるのを感じています。

だから私はお伝えしたいのです。

 

もし、いま、あなたが、

何かに悩んだり、不安だったり

うまくいかないことがあるとしても、きっと大丈夫。

ひとつキッカケがあれば、必ず光は見えてきます。

 

時代はどんどん変化しているし、

これからの生き方を、あらためて考えたりもするでしょう。

そんなときは、独りで悶々とするより、

新しい学びが、風穴を開けてくれるかもしれません。

 

「自分らしい生き方を見つけたい」

「あたたかい仲間がほしい」

「とにかく人生を変えたい」

という人は、

ぜひ、佐藤想一郎さんのメールマガジン(無料)を読んでみてください。

視界がパッと拓けて、生き方が本質的に変わっていくと思います。

 

(最終更新:2019年11月20日)
CATEGORY :