女性らしく、って言われるとムッとしてしまいますか?

女性らしく、って言われるとムッとしてしまいますか?

もっと女性らしくしたら?

なんて言われたら、あなたはどんな気持ちになりますか?

私はけっこうムッとしちゃうほうだったんですけど(笑)、最近、少し考えが変わりました。

今日は、そんな話をシェアしていこうと思います。

せっかく女性に生まれたのに……って、なによ⁉

つい先日、美容関係の仕事をしている男性に

せっかく女性に生まれたんだから、もっとオシャレしようよ!

的なことを言われました。

彼からすれば、髪を無造作にひとつに結わえ、黒のタートルネックにジーンズ、ほぼノーメイクという出で立ちで現れた私は、ぜんぜんイケてないってことなのでしょう。

スミマセンねぇ……。

わたし的にはけっこう好きななんです、こういうシンプルな感じが。

でも彼がいうには、

髪はおろしていたほうが女性らしい!!

パーティーとかあったらクルクル内巻きにしたりして〜、そういうの、華やかでステキだと思うんですよ〜。

って……誰がパーティーに行くんだよっ。
そんな予定ないわ。

私は心でツッコミを入れながら、そうですかねぇ〜〜と、彼の妄想に耳を傾けておりました。

それに、、、

「せっかく女性に生まれたのだから、オシャレを楽しもう」って言うけど、

  1. 女性だから
  2. オシャレする

これ、実は何の因果関係もないと思いません??

だいたい、オシャレの定義も人それぞれじゃないですか。

女性らしくって、なに?

そのとき私は、笑いながらもカチンときてました。

ただ、ふと気づいたこともあって。

私、髪型とかファッションに関しては、「過去の自分」に縛られているかもなぁ……と思ったんですね。

と、いいますのも。

仕事とか人生を考えたとき、私には、「こうなっていきたいなぁ」という未来像があります。

そのために技術を磨いていきたいし、新しい価値観を取り入れながら成長していきたい。

「こうなっていきたい」未来像に、自分自身を合わせていこう!と思っています。

にも関わらず、

髪型やファッションが、これまでの延長線上になってるよ

ということに気づいたのです。

たとえば、

「パーティーとかあったら内巻きにしたり〜、華やかでステキだと思うんですよねぇ〜」って言われたとき、私は瞬間的に、

パーティーなんて行く機会ないから私には関係ない

と、これまでの自分から判断し、心でそうつぶやきました。

自分は裏方の人間

これまでの私は、そういう自己認識だったんですよね。だから、

自分が華やかな場所に行ったり、「女性らしい」華やかな雰囲気をまとうことに違和感がある。

そのことを自覚していなかったから、

「こうなっていきたい」と未来像を描いても、100%、未来の基準でものごとを選べていなかったのです。

ことさら髪型やファッションに関しては、過去の自分の基準を採用してしまっていた。

もちろん、裏方がよくないってことではないのですよ。

でも、そこに固執する必要はないわけで。

これからはあらゆる面で、これまでの基準を超えていきたいって思ったのです。

仕事だと目標も立てやすいし、変わろうって意識しやすいのですが、本来は服装とか、暮らし方とかも全部、つながっているはず。

未来の基準で選んでいかないと!

ただ、未来像にふさわしい私自身の姿(見た目)ってどんな感じなのか。

それはまだ、バシッとは描けずにいます。

ひとまずは、その時々で描いた自分を、随時アップデートすることが大切かなと考えています。

「女性らしさ」の行きつく先は?

それから、記事の冒頭で、「せっかく女性に生まれたのだから、オシャレしないと!」

と言われたことについて、補足します。

正直、「女性らしくしよう」とは思わないのですが、「女性らしく」という言葉の中に、どんな想いが込められていたのかを、ちょっと考えてみました。

暗に「きみ、イケてないよ」と言われたようなもので、私は「ムッ」としてしまったわけですが(笑)、あの言葉を勝手に拡大解釈することにしたのです。

せっかく女性に生まれたのだから、オシャレしないと!

もっとステキになれるよ!※う、恥ずかし……

「せっかく女性に生まれたのだから」とは、意味合い的には「あなただけの魅力を磨こうよ」に近いのかもしれません。

もともと備わった造形の美しさということではなくて、その人らしさが外側に溢れ出るような、そんな感じ。

変わりたいと思ったら、一瞬で変われる。

なりたい自分に近づける。

そうなるためのマジックが、彼にとっては髪型とか美容ってことになるんだろうな。※あくまでも前向きになるための拡大解釈です(笑)

確かにそれは、女性だから利用できる特権なのかもしれないです。

ムッとしてしまってゴメンなさいね。

自らの存在で世の中を華やかにしよう

これは個人的な感想になるのですが、華やかな雰囲気でステキな笑顔の女性がいると、なんか、その場も華やかになる気がします。

自らの存在でその場が華やぐなんて、そういうのも、なんかいいなって思います。

もちろん、華やかさというのは一例で、いろいろなステキさがあるでしょう。

でも、いずれにせよ、「自分はそういうキャラじゃないし……」って心理的に距離を置くよりかは、ステキだなと感じたら、素直に憧れて、真似したほうがよさそう。

見た目から、憧れに自分を近づけていく。それもまたアリなのかなと少し思いました。

ひとまずは、自分には縁遠いと思ってたことを「ちょっとでも」素直に取り入れてみようか。

さすがにクルクルの巻き髪にはしたいと思わないけれども。

今日みつけた課題
  • 髪型や服装、暮らし方……未来の基準で日常を選択しよう!
  • 「自分はそういうキャラじゃないし……」といじけるのはやめて、素直に憧れてしまおう!

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

下記、ステキな未来をつくるための関連記事です。もしよかったら併せて読んでみてください。この記事の下の方で紹介しているメルマガもおすすめです!

writer : 伊藤睦

経済的・精神的な豊かさと、気の合う仲間に恵まれた、ストレスフリーな人生を目指して活動中です。このサイトでは、本音で生き、心の自由を手に入れるヒントをシェアします。

プロフィール

ここまでお読みくださり、ありがとうございます。

 

ひとりでも多くの方が、心の自由を獲得し、

人生の物語を進めるためのヒントになればと思い、

このブログを書いています。

 

最後にひとつだけ、私自身の人生の変化をシェアさせてください。

 

 

2年前、私は人生のどん底にいました。

 

仕事で行き詰まりを感じ、将来が不安でたまらない。

 

人間関係のゴタゴタで、精神的にも肉体的にも追い込まれる。

 

そして……

 

大切な人を助けることができなくて、

自分の無力さに心底、絶望していたんです。

 

そんなとき、偶然

いま私がいろいろなことを教わっている

「佐藤想一郎さん」を知り、

メールマガジンを読みはじめたら、

ほんの2〜3行で、気持ちがフワッと上向きになったのがわかりました。

 

そして、逸る気持ちで読み進めていくと、

深い霧がスーッと晴れていくように、心が軽くなったのです。

 

想一郎さんのメルマガは、フツウのメルマガとはちょっと違います。

 

内容はビジネスや自己啓発、健康、人間関係など幅広いのですが、

知識の羅列ではなく、心躍るストーリーにのせて、想一郎さんの「感覚」を伝えてくれます。

 

だから、メルマガを読むだけで視野が広がり、物事の捉え方が変わり、日々の意識や行動が、自然と前向きになっていきました。

 

自分が前向きになると、まわりの人たちの反応も変わり、関係性が少しずつよくなったり、

仕事では、会いたい人に会えたりとか、現実が、少しずつ動き始めました。

 

なにより、

失いかけていた自己信頼を取り戻し、いまは、自分の内側から、やる気が沸々と湧き出てくるのを感じています。

だから私はお伝えしたいのです。

 

もし、いま、あなたが、

何かに悩んだり、不安だったり

うまくいかないことがあるとしても、きっと大丈夫。

ひとつキッカケがあれば、必ず光は見えてきます。

 

時代はどんどん変化しているし、

これからの生き方を、あらためて考えたりもするでしょう。

そんなときは、独りで悶々とするより、

新しい学びが、風穴を開けてくれるかもしれません。

 

「自分らしい生き方を見つけたい」

「あたたかい仲間がほしい」

「とにかく人生を変えたい」

という人は、

ぜひ、佐藤想一郎さんのメールマガジン(無料)を読んでみてください。

視界がパッと拓けて、生き方が本質的に変わっていくと思います。

 

(最終更新:2020年3月30日)
CATEGORY :