人見知りで会話が苦手な人へ。会話下手の克服につながる実例記事7選。

人見知りで会話が苦手な人へ。会話下手の克服につながる実例記事7選。

人見知りで会話への苦手意識があると、生きづらさを感じることもありますよね。

私もそうでした。

そこで、このサイトでは、同じようなことで悩んでいる方の少しでもヒントになればと思い、会話やコミュニケーションの秘訣をいくつかシェアさせていただきました。

今回は、それらの記事を一覧にまとめてみましたので、もしよかったらチェックしてみてください。

「人見知りで会話が苦手」を根本から克服するために、大切なことは?

私は、子どもの頃から人見知りで、学校でもおとなしいタイプでした。

正直、今でも自分のことをそう多く話す方ではありませんし、会話上手でもありません。

そんな私がなぜ、「会話下手の克服につながる実例記事」を書くのかというと、仕事を通じて会話=コミュニケーションへの苦手意識がちょっとずつ、なくなってきたからです。

会話が苦手だと思っていたときは、

  • 沈黙は気まずい
  • 何を話したらいいのか

と悩んでいましたが、何を話すかというのは、実は表面的な悩みに過ぎなかったのです。

もしかしたら、これを読んでくださっているあなたにも

会話上手になる=面白いことを話せるようになる

というイメージがあるかもしれませんが、私たちが会話をする目的は、あくまで、相手との関係性を深めることです。

そう気づいたとき、「会話が苦手」と表面的に悩んでいた自分から、一歩抜け出せた気がします。

これから紹介する記事では、会話のテクニックというより、会話への苦手意識をやわらげて、肩の力を抜き、

まわりの人たちとあたたかい関係性を築く方法をお伝えしています。

会話下手の克服につながる実例記事ラインナップ

今回紹介する記事のラインナップは以下の通りです。

  1. 会話に入れない人へ。話すことが苦手な私がインタビューの仕事で学んだこと。
  2. 会話の糸口はどうやってつかむ?相手の心をほぐすコツ。
  3. 会話が途切れてしまう…。会話を広げて場を盛り上げるコツ。
  4. 口下手で忘年会が苦痛……断れない飲み会での有意義な過ごし方教えます!
  5. アウトプットが苦手な人へ。会話と文章が一気に上達する秘訣を公開。
  6. 話しかけられないのはナゼ?自分から話しかけて職場の人間関係をよくする方法。
  7. 会話を盛り上げるネタを増やすには?話したいことでいっぱいの人生にする方法。

以上です。

これから、各記事の概要を順に紹介していきますね。

記事全文を読んでみたいと思ったら、紹介文の最後にリンクがありますので、そこから飛ぶことができます。

それでは、1つめの記事です!

会話に入れない人へ。話すことが苦手な私がインタビューの仕事で学んだこと。

会話に苦手意識があると、「とにかく話さなくちゃ」という気持ちが強くなりますが、実際には話すことが好きな人、聞くのが好きな人、などいろいろなタイプの人がいます。

私はライターという職業柄、初対面の方に話を訊くことが多いのですが、実は、会話をリードするのが苦手。

駆け出しの頃は、取材のたびに「うまくいくかな」と緊張していました。

しかし、あることがきっかけで、人に話を訊くときの心の持ちようが変わり、

  • うまく話さなくちゃ
  • 話を引き出さなくちゃ

というプレッシャーがなくなってきたのです。

そして、ついに(大袈裟ですねっ)、会話を楽しむための、ある法則を発見しました。

この法則を理解することで、初対面の相手を含め、そう親しくはない相手との会話も楽しめるようになっていくと思います。

できれば、1行ずつゆっくり読み進めてみてください。

会話に入れない人へ。話すことが苦手な私がインタビューの仕事で学んだこと。

会話の糸口はどうやってつかむ?相手の心をほぐすコツ。

2つめの記事です。

会話も人間関係と一緒で、最初の印象が、その後の盛り上がりを左右するところがあります。

取材でも、いきなり本題に入るより、最初の数分間は「ウォーミングアップ」で場をあたためることが大切になってきます。

すると、お互いがリラックスした状態になり、「あ、もう始まってる?」みたいな感じで自然と本題に入っていけるのです。

では、どうすれば、場をあたため、さらに深い会話につながるような雑談ができるのでしょうか?

この記事では、私が取材で経験したエピソードをもとに、会話の糸口を見つけるヒントをシェアします。

お仕事など初対面の人と会話をするシーンはもちろん、密かに「仲良くなりたい」と思っている人にも、ぜひ試してみてください。

会話の糸口はどうやってつかむ?相手の心をほぐすコツ。

会話が途切れてしまう…。会話を広げて場を盛り上げるコツ。

3つめの記事です。

会話に苦手意識がある人と、盛り上げ上手な人には明確な違いがあります。

それは、

  • 自分に意識を向けているのか
  • 相手に意識を向けているのか

という点です。

実はこれ、会話だけでなく、人間関係全般に言えることなんですよね。

相手に意識を向けていると、自分自身のことで思い悩むことがグッと減り、人の中で適切な行動が取れるようになっていきます。

当たり前のことと思うかもしれませんが、忘れがちです。

私自身、つい自分に意識が向いてしまって、相手に意識を向けていないことも多いです…。涙

この記事では、「相手に意識を向ける」というマインドセットをベースに、盛り上げ上手な人はどんなふうに場を盛り上げているのか?に注目し、具体的なコツをシェアします。

一対一の会話はもちろん、大勢で集まったときの会話が苦手、という方にも参考にしていただける内容となっています。

会話が途切れてしまう…。会話を広げて場を盛り上げるコツ。

口下手で忘年会が苦痛……断れない飲み会での有意義な過ごし方教えます!

4つめの記事です。

前提として、行きたくない飲み会は、断ったらいいと思っています。

とはいえ、そうもいかない時ってありますよね。

この記事は、不本意ながら飲み会に参加する場合、少しでも楽しく会話を楽しめたらいいよね、という「超」前向きな内容となっています。

会話下手な人が、飲み会を楽しく乗り切るために、心がけたいポイントは2つあります。

ひとつは、みんなと話そうと思わなくていいので、一人と関係性を深めること。

もうひとつは、会話が上手な人を観察し、学びに変えること。

飲み会に参加すると決めたなら、楽しんだ方が絶対にお得です。

楽しもうと思って過ごすのと、早く終わらないかな〜と思って過ごすのとでは、得られるものがまったく違ってきますよ。

覚悟を決めて(!)行っちゃいましょう。

口下手で忘年会が苦痛……断れない飲み会での有意義な過ごし方教えます!

アウトプットが苦手な人へ。会話と文章が一気に上達する秘訣を公開。

5つめの記事です。

この記事では、会話力やアウトプット能力を高めるためにやっておくといい、「トレーニング」的な話をしています。

いろいろ知識や考えがあっても、うまく言語化できず、モヤモヤしたり、悔しい思いをすることってありますよね。

アウトプット 能力は、生まれ持った才能ではなく、後天的に身につけられるものです。

この記事では、会話でのアウトプット と文章でのアウトプット の両方が、同時に上手になる方法についてお伝えします。

方法、といいましたが、正直、日々の積み重ねです。

なので、冒頭で「トレーニング」と表現しました。

地道に続けていくと頭の中が整理され、必要な時にスッと言葉が取り出せるようになります。

そしてさらに、会話やアウトプット の質を高めるために大切な要素があって…

そちらも併せてお伝えしています。

長い目で見て、アウトプット 能力を磨いていきたい人におすすめの記事です。

アウトプットが苦手な人へ。会話と文章が一気に上達する秘訣を公開。

話しかけられないのはナゼ?自分から話しかけて職場の人間関係をよくする方法。

6つめの記事です。

いい仕事をするためにも、職場の人間関係って大事ですよね。

しかし、自分から話しかけるのが苦手だと、なかなか関係性が深まっていかず、疎外感を感じることもあるかもしれません。

ですが、ご安心ください。

話しかけるのが苦手な方も、

  • 話しかける必要性
  • 話したいという欲求

この2つのポイントを育てていけば、自然と自分から話しかけられるようになります。

記事の中では、なぜこの2つを育てていくといいのか、そして、育てるにはどうしたらいいのか?を具体的にシェアします。

  • 話しかけても後が続かない!
  • 何を話したらいいかわからない!

そんな悩みをお持ちの方に、ぜひ読んでいただきたい記事です。

話しかけられないのはナゼ?自分から話しかけて職場の人間関係をよくする方法。

会話を盛り上げるネタを増やすには?話したいことでいっぱいの人生にする方法。

7つめの記事です。

話題が豊富でいつも面白い話をしてくれる人って、やっぱり憧れますよね。

彼らはなぜ、それほどまでに話が尽きないのでしょうか。

彼らだけに面白い出来事が起きている…わけではなさそう。

一部、答えをお伝えすると、

話が面白い人は、物事が面白くなる生き方をしているのです。

そしてそれは、誰にでも真似できます。

この記事では、会話のネタが自然と量産される秘訣を具体的にお伝えしますので、いつも話題に困ってしまう…という方は、ぜひ取り入れてみてください。

会話力にとどまらず、生き方全体が面白くなる、そんな内容になっています。

会話を盛り上げるネタを増やすには?話したいことでいっぱいの人生にする方法。

会話下手の克服につながる方法_まとめ

いかがでしたか?

自分に合いそうなものがあれば、参考にしてみてくださいね。

たぶん、あなたは、会話が苦手なのではなく、会話への苦手意識があるだけ。

苦手意識をやわらげ、自然体で、まわりの人たちとよい関係性を築いていきたいですね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

writer : 伊藤睦

経済的・精神的な豊かさと、気の合う仲間に恵まれた、ストレスフリーな人生を目指して活動中です。このサイトでは、本音で生き、心の自由を手に入れるヒントをシェアします。

プロフィール

ここまでお読みくださり、ありがとうございます。

 

ひとりでも多くの方が、心の自由を獲得し、

人生の物語を進めるためのヒントになればと思い、

このブログを書いています。

 

最後にひとつだけ、私自身の人生の変化をシェアさせてください。

 

 

2年前、私は人生のどん底にいました。

 

仕事で行き詰まりを感じ、将来が不安でたまらない。

 

人間関係のゴタゴタで、精神的にも肉体的にも追い込まれる。

 

そして……

 

大切な人を助けることができなくて、

自分の無力さに心底、絶望していたんです。

 

そんなとき、偶然

いま私がいろいろなことを教わっている

「佐藤想一郎さん」を知り、

メールマガジンを読みはじめたら、

ほんの2〜3行で、気持ちがフワッと上向きになったのがわかりました。

 

そして、逸る気持ちで読み進めていくと、

深い霧がスーッと晴れていくように、心が軽くなったのです。

 

想一郎さんのメルマガは、フツウのメルマガとはちょっと違います。

 

内容はビジネスや自己啓発、健康、人間関係など幅広いのですが、

知識の羅列ではなく、心躍るストーリーにのせて、想一郎さんの「感覚」を伝えてくれます。

 

だから、メルマガを読むだけで視野が広がり、物事の捉え方が変わり、日々の意識や行動が、自然と前向きになっていきました。

 

自分が前向きになると、まわりの人たちの反応も変わり、関係性が少しずつよくなったり、

仕事では、会いたい人に会えたりとか、現実が、少しずつ動き始めました。

 

なにより、

失いかけていた自己信頼を取り戻し、いまは、自分の内側から、やる気が沸々と湧き出てくるのを感じています。

だから私はお伝えしたいのです。

 

もし、いま、あなたが、

何かに悩んだり、不安だったり

うまくいかないことがあるとしても、きっと大丈夫。

ひとつキッカケがあれば、必ず光は見えてきます。

 

時代はどんどん変化しているし、

これからの生き方を、あらためて考えたりもするでしょう。

そんなときは、独りで悶々とするより、

新しい学びが、風穴を開けてくれるかもしれません。

 

「自分らしい生き方を見つけたい」

「あたたかい仲間がほしい」

「とにかく人生を変えたい」

という人は、

ぜひ、佐藤想一郎さんのメールマガジン(無料)を読んでみてください。

視界がパッと拓けて、生き方が本質的に変わっていくと思います。

 

(最終更新:2020年7月1日)
CATEGORY :