会話に入れない人へ。話すことが苦手な私がインタビューの仕事で学んだこと。

会話に入れない人へ。話すことが苦手な私がインタビューの仕事で学んだこと。

人との会話に入れないとか、話すのが苦手で、「やっぱり1人のほうが気楽・・・」なんて思ってしまうことはありますか?

わたしは、ありました。

でも、仕事を通じてある法則に気づいてからは、会話をするときのマインドが変わり、会話を楽しめるようになってきたんです。

それはどんな法則なのか?

これを知っておくと、今よりちょっと勇気が湧いて、自然と会話に入れるようになっちゃうかもしれませんよ☆

会話に入り、そこにいる人とおしゃべりを楽しむ。

それができるようになったのは、自分の仕事がきっかけでした。

わたしはいま、ライターの仕事をしています。

日々、いろいろな方にお会いして、インタビューをする機会があるんですね。

でもわたしは昔から、人の輪に加わり、みんなでおしゃべりすることが苦手でした。

すでに小学生のときから。

学校の休み時間、みんなが校庭でわいわいドッヂボールをしているのを、いつも教室の窓から眺めているような子どもでしたね。

そのわたしが、20年もインタビューの仕事を続けているのだから、自分でも驚きです。

とはいえ、いまだ、会話上手ではないです☆

でも心の持ちようは、だいぶ変わりましたね。

昔は、会話がうまくないことに強いコンプレックスを感じていて、いつも緊張していました。

取材が決まると下調べをして、どんな流れで質問をするか大まかに決めておくんですけど、インタビュー中も、カンペが気になっちゃう。

計画通りにいかないと焦る。

いつも心で汗をかきながら、インタビューする感じだったんです。

ですが、あるとき、ある著名なライターが、取材の仕方について書いた文章を読みました。

そこには、こんなことが書いてありました。

「取材では一切メモを取らず(録音のみにして)、ひたすら相手との会話に集中する」と。

会話が苦手だった私が、「相手に意識を向けることに集中」してみた感覚とは?

取材でメモを取らない。

そのことにも驚きましたが、わたしが思わずハッとしたのは、「相手に意識を向けることに集中したい」という部分でした。

もしかして、わたし。

人と話すとき、目の前にいる相手のことを、実はあんまり思いやっていなかったかも。

どちらかというと、「取りこぼしのないようにネタを集めなきゃ」って、自分の仕事のことを心配してた・・・。

一方、日々すばらしいインタビューをしている人は、「相手に意識を向けることに集中」している、という。

このことを知って、ちょっと光が見えた気がしたんです。

早速わたしも、取材中にメモを取ることをやめてみた。

カンペもやめました。

すると、そのやり方は予想以上に、わたしに合っていたんです。

メモを取らない分、常に相手の表情を見ながら話せるし、話を聴いているときに、「次の質問はなんだっけ?」と気が散ることもなくなりました。

リラックスして、相手との会話に集中できたのです。

(最近は、メモを取りながらでもだいじょうぶになりましたけどね)

計画通りにできなくてもヨシ。

もし話が脱線したら、脱線を楽しもう(笑)。

この相手とだったら、(約束した)1時間でどこまで話が深まるか?

自分自身に、そんなメッセージを送り続けました。

相手に意識をしっかり向けていると、その人の表情や間合いから、熱が入った瞬間というのがわかってきます。

原稿を書くときは、その温度感を大事にします。

取材の後、取材相手から、「今日は楽しかった。ありがとう」と言われることも増えました。

そんな経験を積み重ねながら、わたしはある法則にたどり着いたのです。

その法則とは・・・。

会話は「相手8割、自分2割」話すくらいがちょうどいい。

というものです。

どんな意味かといいますと。

先ほど、「相手に意識を向けることに集中する」という話をしましたよね。

これは、「相手の話を心で聴く」とも言えます。

自分のことをわかってもらうためではありません。

だから、相手が8割、自分が2割。

自分について語るのを最小限にして、相手がたくさんしゃべりたくなるような空気感をつくるのです。

わたしの場合は、相手を主役にし、自分は聴き役となることを「自分から」選ぶんですよ。

なぜなら・・・。

会話のなかで相手の魅力を見つけることが好きだからです。

話を聴いて聴いて、相手の魅力を見つけたら、「ほら、あなたってこんなに素敵ですよ☆」と真っ先に伝えたい。

そこに、わたしの喜びがあるのです。

これは、プライベートでも一緒です。

たとえばこの間、友だちと食事をしたときの話ですが・・・。

彼女は3ヶ月前に転職したばかり。

ところが、仕事が大変かつ合わなくて悩んでいる様子でした。

でも、話を聴いているうちに、彼女は仕事が嫌なんじゃなくて、むしろ仕事に対して愛情を持っているんだな、とわかってきました。

そのことを伝えたら、会話の内容がグチから前向きな内容になっていきました。

そして彼女は最後に、「○○ちゃんと会うと元気が出る!」と笑顔になって帰っていきました。

たぶん、わたしは、会話全体の2割くらいしか、声を発していなかったと思います(笑)。

でも、それでいいのです。

なぜなら。

聞き役のほうが、相手の魅力をどんどん発見できるから、です。

聞き役には、2パターンあります。

1つは、主体的に聞き役になること。

自分から相手に意識を向け続けるということです。

もうひとつは、受動的な聞き役。

たとえば、「この人、話、長いな〜」とか思っているときは、受動的、つまり、無理やり話を聞かされている状態です。

どちらも「聞く人」ですが、自分がどんな姿勢で相手と向き合うのかによって、見えるものはまったく違ってくるのです。

わたしはインタビューの仕事を通じて、それを実感しました。

もし、あなたが主体的な姿勢で聞き役となれば、相手のいいところをきっと見つけられると思うし、見つけたとき、あなたは自然と笑顔になるでしょう。

そして、笑顔になっているあなたを見て、相手も嬉しくなるのではないでしょうか?

完璧じゃないから、良いのだよ。

それに、たぶん、仕事でも日常会話でも、相手に対してキレキレのトークを求めている人って、あんまりいないと思うんですよね。

トークの上手さではなく、相手の誠実さとか、自分に意識を向けてくれているかどうか(自分のこと嫌いじゃないか)とか、多くの人は、他者のそんなことが気になってると思います。

わたしはこれまで、たくさんの人の話を聴いてきましたが、いわゆる口べたな人も少なくなかったです。

でも、そんなこと気にしたことはないですね。

相手が言葉に詰まったら、「ゆっくりでだいじょうぶです」と伝えて待ちます。

「上手く伝えられないんだけど」と言われたら、ちょっとずつ中身を確認していって、理解に努めます。

その人としか作れない会話空間を楽しみます。

すると、プライベートでは、自分が口べたであることについて、くよくよ悩まなくなりました。

「上手く」話そうとしなくても大丈夫なんだ、とわかったからです。

ただ、自分から相手に意識を向けてさえいれば。

だからあなたも、目の前にいる相手のことを、もっと信頼してみてください。

相手の顔を見て、丁寧に話してみてください。

そのひとの眼は、たぶん、とてもあたたかいはずです。

まとめ:会話に入れない、話すことが苦手な人へ。2つのポイントを実践して、会話を楽しもう。

いかがでしたか?

もし、あなたが人との会話に入れないことで悩んでいるなら、2つのポイントを意識してみると、何かが変わりはじめるんじゃないかなと思います。

では、2つのポイントをおさらいしますね。

  1. 会話の法則は、相手8割、自分2割。主体的に聞き役となって、相手のいいところを見つけよう。
  2. 話が上手かどうかなんて、相手は気にしてません。たとえ言葉がつっかえてしまっても、伝えようとするあなたのことを応援したいのです。人と話をするときは、相手を信頼しよう。

あなたの人生が、人のなかで豊かに彩られていきますように。

人の輪に入ることに苦手意識がある方は、こちら↓の記事もおすすめです。

関連記事:人の輪に入れない人へ。大人数苦手な私でも疎外感を抜け出せた理由とは?

writer : 伊藤睦

経済的・精神的な豊かさと、気の合う仲間に恵まれた、ストレスフリーな人生を目指して活動中です。このサイトでは、本音で生き、心の自由を手に入れるヒントをシェアします。

プロフィール

ここまでお読みくださり、ありがとうございます。

 

ひとりでも多くの方が、心の自由を獲得し、

人生の物語を進めるためのヒントになればと思い、

このブログを書いています。

 

最後にひとつだけ、私自身の人生の変化をシェアさせてください。

 

 

2年前、私は人生のどん底にいました。

 

仕事で行き詰まりを感じ、将来が不安でたまらない。

 

人間関係のゴタゴタで、精神的にも肉体的にも追い込まれる。

 

そして……

 

大切な人を助けることができなくて、

自分の無力さに心底、絶望していたんです。

 

そんなとき、偶然

いま私がいろいろなことを教わっている

「佐藤想一郎さん」を知り、

メールマガジンを読みはじめたら、

ほんの2〜3行で、気持ちがフワッと上向きになったのがわかりました。

 

そして、逸る気持ちで読み進めていくと、

深い霧がスーッと晴れていくように、心が軽くなったのです。

 

想一郎さんのメルマガは、フツウのメルマガとはちょっと違います。

 

内容はビジネスや自己啓発、健康、人間関係など幅広いのですが、

知識の羅列ではなく、心躍るストーリーにのせて、想一郎さんの「感覚」を伝えてくれます。

 

だから、メルマガを読むだけで視野が広がり、物事の捉え方が変わり、日々の意識や行動が、自然と前向きになっていきました。

 

自分が前向きになると、まわりの人たちの反応も変わり、関係性が少しずつよくなったり、

仕事では、会いたい人に会えたりとか、現実が、少しずつ動き始めました。

 

なにより、

失いかけていた自己信頼を取り戻し、いまは、自分の内側から、やる気が沸々と湧き出てくるのを感じています。

だから私はお伝えしたいのです。

 

もし、いま、あなたが、

何かに悩んだり、不安だったり

うまくいかないことがあるとしても、きっと大丈夫。

ひとつキッカケがあれば、必ず光は見えてきます。

 

時代はどんどん変化しているし、

これからの生き方を、あらためて考えたりもするでしょう。

そんなときは、独りで悶々とするより、

新しい学びが、風穴を開けてくれるかもしれません。

 

「自分らしい生き方を見つけたい」

「あたたかい仲間がほしい」

「とにかく人生を変えたい」

という人は、

ぜひ、佐藤想一郎さんのメールマガジン(無料)を読んでみてください。

視界がパッと拓けて、生き方が本質的に変わっていくと思います。