ブログの文章が書けない!スランプには意外な理由があるのです。

ブログの文章が書けない!スランプには意外な理由があるのです。

こんにちは。

ライターの伊藤睦です。

最後に記事を書いてから、2週間が過ぎてしまった…。

やる気はあるし、これを書こうかな、と思っていることはいくつかあるのだけど、どうも書くことができず。

 

けれども最近は、そういう自分を許してしまうことが多い。

 

「許してしまう」と書いたのは、

 

「許していいんだ」

 

と思えている自分と、

 

「このままじゃダメでしょ〜」

 

と厳しめのツッコミをする自分との間に葛藤があるからなんだけどね。

 

そこで、どうしたらこの状況を打開できるのか、書けない理由と解決策を考えてみることにした。

ブログの文章が書けない理由3パターン

パッと思いついたのは、以下の3パターンです。

 

1.完璧主義が発動して文章が書けない

ブログ書けない考えられるひとつめの理由は、完璧主義が発動して自分にダメ出しをしてしまうこと。

わたしの場合、書きはじめの一言が決まらずに、いつまでも書き始めることができない、ということが、よくある。

しょっぱなから、流れが滞ってしまうのだ。

おいおい、さっきからまったく手が動いてないぞ。

机の前で2時間くらい、ぼーーーーーっ、、、としちゃう。

スランプの時期は、そんなこともザラにあるのです。

 

この場合、解決策としては、テスト感覚でやってみることかなぁ。

なにも、1回でキメなくていいのだ。

 

文章は後から直せるのだから、まずは、書きはじめることが大切。

下書きフォルダに保存するつもりで、気楽に書き始めたらいい。

 

ぴったりくる言葉が思い浮かばなければ、無理にひねり出そうとせず、ダミーを入れておいてとりあえず前に進む!

そもそも、文章って推敲によって洗練されていく一面もあるので、最初に書いたものは、タタキ台くらいに思っておけばいいのだ。

 

すると、気楽に書くことができるし、完璧主義も和らいでいくはずです。

 

では、次。書けない理由の2つめは…

2.エネルギーがない!

エネルギー不足ブログの文章が書けない!考えられるふたつめの理由は、エネルギーがないってこと。
確かに最近、少し睡眠不足で体が疲れている、という現状や、ちょっとした心配事もあったりして、書くことに集中できてないことがあった。

書くことも、読むことも、非常に主体的な行為であるため、心身が疲れていてエネルギーがないと、なかなか進まないんだよね。

こうゆうとき、頑張ってなんとか仕上げても、時間がかかったわりには話の筋が通っていなかったり、アッチにふらふら、こっちにフラフラと、散漫な文章になりがち。

 

この場合の解決案は、

エネルギーを補給する

これに尽きます!

 

エネルギーを高めるには、好きなことをするなどして自分の機嫌をとることも大事だし、

おすすめは、やっぱり掃除かなと思う。

 

なぜなら、

たとえば腸内環境がよくなかったら、せっかく身体に良いもの食べても吸収できそうにないけど、

逆に、腸内がキレイになれば、それだけで身体の負担が減って、元気になるよね。

 

それと一緒で、書けない時は、まずは仕事をする環境をキレイにすること。

すると、そこにいるだけで清々しい空気に包まれて、集中できることが多い。

そういえば、以前こうゆう記事も書いたのだった。

在宅ワーク・在宅勤務でやる気が出ない!集中できる環境の作り方7つ

 

次は3つめ、書けない理由のラストです。

3.書かないことで目的を達成

ブログ書けない3つめは、ちょっと矛盾なのだけど、書かないことで目的を果たそうとしているのかも、という話です。
水面下の、自分では意識できない自分が、書かないことを選んでいるのだ。

それは、

書かなくてもあなたの望みは叶えられるから。

そんなに無理せんでいいよ、

むしろ、ほかのことに意識を向けなさい、

とゆうサインではないか…。

 

「書く」という表面的な行動を見ずに、行動の奥にある本心に気づくことが大事、なんだと思う。

 

だから、解決案は、

「本当の望みはなんだろう?」

「書くことで、どうなりたいんだろう?」

そう問いかけること。

 

大事なのは「どうなりたいか(目的)」なのだよね。

わたしは何を望んでいるのか?を深掘りして、それを望んでいる自分を、まずは認めてあげよう。

 

…と、書けないパターン&解決案を書き出してみましたが、

 

これって、人間関係で問題が起こる理由にも通じるなぁと思うんですよね。

 

たとえば、①の完璧主義があると相手を否定したり、「こうあるべき」という期待をしてしまい、対立が生まれやすいです。

②のエネルギーがない状況では、そもそもコミュニケーションをとるのが億劫になって、自分から心を閉ざしてしまったり、

人に依存してしまったりする。

そして③の「書かないことで目的達成」は、人間関係でいうと、ダダをこねている状態とか、八つ当たりしている、人を困らせるような行動をとってしまう状況と似ている気がする。

本心では別のことを求めているがゆえ、表面的には子どもじみたり、間違った行動をしてしまうのだ。

でもほんとうは、見てほしい、愛してほしい、それだけ。

 

と、話がそれましたけど…

結局のところ、

最近、書けなくなってた理由はなんだったんだろう。

ただね、この文章を書きはじめたら、なんだかんだ、電車で移動中の往復1時間半でここまで書くことができた。

メモをとるような感覚で、スマホで気軽に書いてたのがよかったのかもしれない。

とすると、原因は①か…?

 

いずれにせよ、長かった苦しみも、解決するときは意外とあっけないもんだ。

 

それでは、今日はこの辺で。

ありがとうございました!

writer : 伊藤睦

経済的・精神的な豊かさと、気の合う仲間に恵まれた、ストレスフリーな人生を目指して活動中です。このサイトでは、本音で生き、心の自由を手に入れるヒントをシェアします。

プロフィール

ここまでお読みくださり、ありがとうございます。

 

ひとりでも多くの方が、心の自由を獲得し、

人生の物語を進めるためのヒントになればと思い、

このブログを書いています。

 

最後にひとつだけ、私自身の人生の変化をシェアさせてください。

 

 

2年前、私は人生のどん底にいました。

 

仕事で行き詰まりを感じ、将来が不安でたまらない。

 

人間関係のゴタゴタで、精神的にも肉体的にも追い込まれる。

 

そして……

 

大切な人を助けることができなくて、

自分の無力さに心底、絶望していたんです。

 

そんなとき、偶然

いま私がいろいろなことを教わっている

「佐藤想一郎さん」を知り、

メールマガジンを読みはじめたら、

ほんの2〜3行で、気持ちがフワッと上向きになったのがわかりました。

 

そして、逸る気持ちで読み進めていくと、

深い霧がスーッと晴れていくように、心が軽くなったのです。

 

想一郎さんのメルマガは、フツウのメルマガとはちょっと違います。

 

内容はビジネスや自己啓発、健康、人間関係など幅広いのですが、

知識の羅列ではなく、心躍るストーリーにのせて、想一郎さんの「感覚」を伝えてくれます。

 

だから、メルマガを読むだけで視野が広がり、物事の捉え方が変わり、日々の意識や行動が、自然と前向きになっていきました。

 

自分が前向きになると、まわりの人たちの反応も変わり、関係性が少しずつよくなったり、

仕事では、会いたい人に会えたりとか、現実が、少しずつ動き始めました。

 

なにより、

失いかけていた自己信頼を取り戻し、いまは、自分の内側から、やる気が沸々と湧き出てくるのを感じています。

だから私はお伝えしたいのです。

 

もし、いま、あなたが、

何かに悩んだり、不安だったり

うまくいかないことがあるとしても、きっと大丈夫。

ひとつキッカケがあれば、必ず光は見えてきます。

 

時代はどんどん変化しているし、

これからの生き方を、あらためて考えたりもするでしょう。

そんなときは、独りで悶々とするより、

新しい学びが、風穴を開けてくれるかもしれません。

 

「自分らしい生き方を見つけたい」

「あたたかい仲間がほしい」

「とにかく人生を変えたい」

という人は、

ぜひ、佐藤想一郎さんのメールマガジン(無料)を読んでみてください。

視界がパッと拓けて、生き方が本質的に変わっていくと思います。

 

(最終更新:2020年9月10日)
CATEGORY :