妄想グセをやめたい!思考をクリアにしてやる気を出す3ステップ☆

妄想グセをやめたい!思考をクリアにしてやる気を出す3ステップ☆

妄想グセをやめたいって思っても、勝手に浮かんでしまうのが妄想なんですよね。

そこで今回は、思考をクリアにし、妄想を手放すために、私が実践してよかったことを3ステップにまとめてみました。

少しずつでも実践してみると、ゴチャゴチャ考えることが少なくなくなり、気持ちが前向きになっていきますよ。

それではさっそくお伝えしていきますね!

妄想グセをやめるのに、空間を整えることが大切な理由〈ステップ1〉

妄想グセをやめるには、まず、自分がいる空間を整えることが大切です。

普段どのような空間で過ごしているのかは、思考パターンにも少なからず影響を与えているものです。

自分の部屋をきゅっと小さくしたものが、自分の頭の中だと見立てると、イメージしやすいかもしれません。

よく、部屋が散らかっているときは、頭のなかもゴチャゴチャしている、なんて言うじゃないですか。

私は最近、部屋の掃除を大切にしていますが、掃除を徹底しておこなってみると、ほんとうにそうであることがわかります。

部屋がスッキリすると頭もスッキリして、清々しい気分で仕事に取りかかれるのです。

「場の乱れ」に鈍感にならないことが大切

逆に、部屋が散らかっていてもそれほど気にならない、という状態は、けっこうマズイのではないかと思います。

散らかっている状態、といってもいろいろなレベルがありますが、日頃から掃除が行き届いていて秩序の保たれた空間であれば、テーブルの上に不要なチラシがぺらっと放置されているくらいでも、「場が乱れている」と感じます。

頭の中もそれと一緒。

クリアな時間が長ければ、妄想や雑念が入り込んできたときに「あ、いま妄想してた!」とすぐに違和感を感じ、妄想に巻き込まれずにすむのです。

一方、ベランダから取り込んだ洗濯物がソファーの上にたまっていたり、飲み終わったマグカップがずっとデスクのすみに置かれていたり、Amazonで買い物をしたダンボールが玄関に放置されているような空間では、チラシが一枚テーブルにあるくらい、なんとも感じません。

頭の中もそれだけ鈍感になっているので、妄想や雑念に支配されやすいのです。

部屋を磨くと思考も磨かれる

ただ、「妄想をやめよう」と決意したところで、また余計なことを考えることになるので(笑)、それはやめたほうがいいです。

その代わり、「部屋を丁寧に掃除しよう」という方向にフォーカスしてみます。

自分の頭の中をきれいにするつもりで。

特にオススメなのは、床、壁、窓などの拭き掃除です。

拭き掃除を丁寧におこなうと、空間のくもりがとれます。

晴れた日はとくに、明るい日差しがふりそそいで空間がピカピカに輝いてみえるんですよ!

(おおげさではなく)

すると、心も清々しくなります。

ただ、床も壁も窓も毎日拭く、ってなると大変ですよね。

私の場合は「今日はここをキレイにしよう」と範囲を決めてやるようにしたら、無理なく続けられるようになりました。

また、掃除に関連して、ものを捨てることも空間と思考をクリアにすることにつながります。

参考:断捨離がうまくいかない人へ。断捨離で人生を変えるにはコレが大切だった話

物が少なくて空間が片付いていると、結果、掃除もしやすくなります。

とくに空間のすみっこにはホコリがたまりやすいので、あまり目立たないところほど、意識を向けてキレイにしてみてください。

とてもスッキリした心持ちになりますから!

さて、空間を整えたら、次は自分自身も整えていきましょう。

妄想グセを手放すための、集中力の磨き方〈ステップ2〉

まずは前提となる話をします。

これまでの話で、ごちゃごちゃした空間にいると妄想や雑念に巻き込まれやすい、とお伝えしました。

それに加えて、雑多な情報に触れすぎていると、やはり妄想や雑念がわきやすくなります。

妄想というのは、実は、自分の中からわき出てきたものではなく、周囲のよくない情報や意識が入り込んでいる状態、とも言えるのです。

すべての情報を遮断しよう、ということではないですが、周囲にあふれている情報・出来事に対してあまりに無防備でいると、他の人の意見や世間の常識が、あたかも自分のもののように思えてきます。

自分のものではない思考がすりこまれていき、ネガティブなイメージもわきやすくなります。

どうしたら情報の影響を受けないか

良くない影響を受けていると気づくのはとても難しいと思います。

なので、少なくともクリアな状態を実感するまでは、情報のシャワーからできるだけ離れることが大切です。

もちろん、お仕事などで情報収集が必要なこともありますし、世の中の動きをまったく知らなくてもいいかといえば、そうではないかもしれません。

でも、受け取る情報を意識的に選んでいかないと、ゴシップや質の悪い情報に意図せず触れることになります。

私の場合、以前は朝起きたときや、仕事から帰宅したときなどに、反射的にテレビをつけていました。

集中して見ているわけではないのですが、アタマのどこかでは聞いているので、何かしていても気持ちを持っていかれているし、残像がノイズとして頭に残ってしまいます。

眠るときに目を閉じていると、ネガティブなことが思い浮かんできちゃったり。

ですが、テレビを一切やめてみると、とても静かな時間が流れるようになりました。

意図しない情報(音や映像も含む)を受け取らないようにすると、心身ともに落ち着いていられるような気がします。

また、時間が増えたようにも感じます。

テレビが一切だめというわけではないのですが、触れる情報の種類や量を自分で選ぶという意識は大切かと思います。

 

ここまで、ステップ2の準備編をお伝えしました。

次はいよいよ本題に入ります。

妄想が入り込む余地をなくすトレーニング

触れる情報をしぼり、思考を整理した上でやってみるといいのは、「考えながら」をやめることです。

妄想が入り込む余地がないくらい、日常の動作ひとつひとつに集中するのです。

たとえば、

顔を洗うときは、肌の汚れを落とすことだけに没頭する。

ごはんを食べるときは、料理をしっかり見て、香りを嗅いで、ひと口ずつゆっくり噛んで、味わって食べる。

歯を磨くときは、歯の1本1本に意識を向ける。

こういうの、意外と難しいんですよね。

当たり前のことほど、何も考えずに行動できてしまうため、行動そのものに集中するわけでもなく、まったく別のことを考えていたりするんだなぁ、とあらためて自覚しました。

でも、意識していくと、少しずつ目の前のことに集中できるようになりますよ。

余計なことを考えるクセがだんだんなくなっていきますし、行動の質も上がる気がしています。

 

いかがでしたか?

次は最後のステップ3です。

これは比較的取り組みやすく、効果も感じやすい方法だと思います。

妄想グセをやめたいときは、「つかう部分」を変える〈ステップ3〉

妄想や雑念にとらわれている、というのは、言い方を変えると頭で考えすぎ、ということなのだと思います。

考えるということは、頭にエネルギーが集中している状態ですよね。

よく、心身のバランスって表現しますけど、ここに、頭に加えるとして。

  • 頭:思考
  • 心:感情
  • 身体:行動(運動)

みたいな感じでつかう部分のバランスをとっていくと、頭にばかりエネルギーがいく状況を改善できます。

たとえば。

一人で悶々と考えてばかりいたなら、映画を見て思い切り泣いたり笑ったりして、感情を動かしてみる。

あるいは、運動をして身体を動かしてみる。

とくにウォーキングはおすすめで、私もよくやっています。

参考:体を動かしたいけど運動が続かない人へ。私はウォーキング+○○で変われた!

ちなみにウォーキングをすると幸福度がアップする、という研究報告もあるそうですよ。

運動以外にも、手芸や料理など、手を動かして何かを仕上げる作業は、自然と目の前のことに没頭できるのでおすすめです。

エネルギーを高めることにもつながります。

参考:ストレスフリーな生き方の鉄則!たった2分で気持ちを上げるコツを見つけました。

頭、心、身体、この3つのバランスを取ることで、妄想グセはだいぶクリアされていくと思いますよ☆

妄想グセをやめたい人へ_まとめ

いかがでしたか?

妄想グセは、空間や情報といった外側の影響を受けすぎているために、そのような状況になっていることが多いと思います。

なので、妄想グセをやめたいときは、今回お伝えした3つのステップ、

  • 空間を整える
  • 自分自身を整える(情報から離れる/集中力を磨く)
  • 頭以外の部分をつかう

を心がけるようにしてみてください。

自然と妄想する時間が減っていき、「やろう!」と思ったことに、いつも情熱を持って取り組めるようになりますよ。

writer : 伊藤睦

経済的・精神的な豊かさと、気の合う仲間に恵まれた、ストレスフリーな人生を目指して活動中です。このサイトでは、本音で生き、心の自由を手に入れるヒントをシェアします。

プロフィール

ここまでお読みくださり、ありがとうございます。

 

ひとりでも多くの方が、心の自由を獲得し、

人生の物語を進めるためのヒントになればと思い、

このブログを書いています。

 

最後にひとつだけ、私自身の人生の変化をシェアさせてください。

 

 

2年前、私は人生のどん底にいました。

 

仕事で行き詰まりを感じ、将来が不安でたまらない。

 

人間関係のゴタゴタで、精神的にも肉体的にも追い込まれる。

 

そして……

 

大切な人を助けることができなくて、

自分の無力さに心底、絶望していたんです。

 

そんなとき、偶然

いま私がいろいろなことを教わっている

「佐藤想一郎さん」を知り、

メールマガジンを読みはじめたら、

ほんの2〜3行で、気持ちがフワッと上向きになったのがわかりました。

 

そして、逸る気持ちで読み進めていくと、

深い霧がスーッと晴れていくように、心が軽くなったのです。

 

想一郎さんのメルマガは、フツウのメルマガとはちょっと違います。

 

内容はビジネスや自己啓発、健康、人間関係など幅広いのですが、

知識の羅列ではなく、心躍るストーリーにのせて、想一郎さんの「感覚」を伝えてくれます。

 

だから、メルマガを読むだけで視野が広がり、物事の捉え方が変わり、日々の意識や行動が、自然と前向きになっていきました。

 

自分が前向きになると、まわりの人たちの反応も変わり、関係性が少しずつよくなったり、

仕事では、会いたい人に会えたりとか、現実が、少しずつ動き始めました。

 

なにより、

失いかけていた自己信頼を取り戻し、いまは、自分の内側から、やる気が沸々と湧き出てくるのを感じています。

だから私はお伝えしたいのです。

 

もし、いま、あなたが、

何かに悩んだり、不安だったり

うまくいかないことがあるとしても、きっと大丈夫。

ひとつキッカケがあれば、必ず光は見えてきます。

 

時代はどんどん変化しているし、

これからの生き方を、あらためて考えたりもするでしょう。

そんなときは、独りで悶々とするより、

新しい学びが、風穴を開けてくれるかもしれません。

 

「自分らしい生き方を見つけたい」

「あたたかい仲間がほしい」

「とにかく人生を変えたい」

という人は、

ぜひ、佐藤想一郎さんのメールマガジン(無料)を読んでみてください。

視界がパッと拓けて、生き方が本質的に変わっていくと思います。