チャンスを活かせなかったことに後悔……。チャンスに愛される秘訣をシェアします。

チャンスを活かせなかったことに後悔……。チャンスに愛される秘訣をシェアします。

勇気がなくて、チャンスを活かせなかった。
そこにチャンスがあったのに、気づけなかった。
そんなとき、めちゃめちゃ後悔するし、凹みますよね。

なぜいつも、チャンスを逃してしまうのか……。
こんな人生、もう嫌だな……。
どうしたらチャンスをつかめるんだろう。

そんな気持ちでいっぱいのあなたへ。

この記事では、チャンスを逃した後悔から立ち直り、再びチャンスに出会うためのヒントをシェアします。

なぜ、チャンスを活かせず後悔ばかりなの?

自分のことを振り返ってみると、チャンスを活かせない原因は、たいてい、準備不足なんですよね。

準備をしていないから、すぐそばにあるチャンスに気づけなかったり、気づいても、受け取りきれなかったりするのです。

たとえば、心の準備が足りないことがあります。

一言でいうと、勇気がない状態です。
千載一遇の大きな波が来ているのに、心のどこかで、

乗るのが怖い!

と思ってしまうんです。

自分にはまだ早い。
ぶざまなところを見せたくない。

成長したいと思っているのに、今より大きな波に挑む自信がないのです。

望んでいたはずだけど、気持ちが弱くてとたんに怖気づいちゃった感じ。
だから、自ら身を引くようにして、手放してしまうのです。

チャンスに乗らず、同じところにとどまっていれば、ラクはラクです。
コンフォートゾーンを手放すことは、なかなか難しい。

そこには、変わろうとする自分と、そのままで居ようとする自分がいるんですね。

波に乗れなかった自分に後悔しつつも、心のどこかでは、ちょっとだけ安心しているのです……。

こうなってくると、もはや、どれが本心なのかはわかりませんね。。

つらいなんて傲慢だ

私がとくに落ち込んだのは、周りの方が心を使ってチャンスをつくってくれたのに、それを受け取れなかったときです。

行動に移せなかった自分を悔やみ、そのあと、何をしても裏目に出てしまった感じです。

穴があったら入りたい……
もう、消えてしまいたい……

そんな気持ちでいっぱいでした。

ですが、ここでつらくなるのはただの傲慢だと、その後、気づきました。

自分がつらい、恥ずかしいと感じるばかりで、チャンスをくださった方々の気持ちを、まるで考えていなかった。

その事実に、愕然としました。
私は、人になにかしてもらうことを、当たり前のように思っていたんだろうか……。

そして、こんなふうに思ったんです。

このまま後悔し続け、自分を諦めてしまったら、私は二度と「ありがとう」を言えなくなってしまうだろう。

それで、後悔に依存せず、生き直すぞ!!と思ったんですね。

チャンスは二度と来ないのか?

とはいえ、逃してしまったチャンスは再び巡ってくるのでしょうか?

逃したチャンスは二度と来ない、と考える人もいるし、またそのうち来るよ!という人もいるでしょう。

そのうち来ると言っても、10年以上先かもしれないし。

正しい答えなんて、誰にもわからないと思います。

そこで私は、

  • チャンスは二度と来ないと考えて、来たらパッとつかむ勇気を出すこと
  • チャンスを活かせなかったら、気持ちを切り替えて器を磨き、いつかに備えること

この2つを大切にしようと決めました。

器を磨くとは?

器を磨くこと。
これは、チャンスを活かせる自分になるための準備です。

チャンスが巡ってきたときに、躊躇せず、乗っていけるように。
活かせるように。

磨いて磨いて、チャンスにふさわしい自分になっていくことです。

  • 近い将来、自分はどんなふうになっていたい?
  • どんな気持ちで過ごしている?
  • そうなってる自分なら、今、どんな選択をする?

そんなふうに逆算しながら、いつかそうなっている自分が、今すべきこと、学ぶべきことをしていく。

人の役に立てる技術を身に着け、心を鍛える。

それが器を磨くということだと思っています。

すると、いざチャンスが来たときに、今だ!とつかむタイミングがわかるようになっていくでしょう。

もしかしたら、次のチャンスが訪れるまでには少し時間がかかるかもしれません。

でも、そのぶん器もぴかぴかに磨かれると思うので、きっと大丈夫です。
その日を楽しみに待ちたいですね☆

チャンスを活かせなかった後悔から立ち直るには?

もし今、後悔の気持ちにさいなまれているなら、それはもったいないこと!

後悔しているときって、多かれ少なかれ、過去を認めずに美化しているだけなんですよね。

冷静になって、客観的に自分を見てみると、おぬし、悲劇のヒロイン気取りか!?って、ツッコミ入れたくなります(笑)。

そんなときは、本来の、未来の自分からは、ものすごく離れてしまっています
だから、もったいないのです。

後悔は一刻も早く抜け出して、先ほどお伝えした、器磨きにシフトしていきましょう!

以下の2点を心がけると、後悔からスムーズに抜け出せると思います。

気持ちを上げるコツ

後悔=気持ちがマイナスになっているときは、まず、プラス側にもっていくことを優先しましょう。

そのためには、好きなこと、やりたいことをとことんやります。

ただし、わーっと騒ぐとか、刺激が強すぎるとエネルギーを消費してしまいますので、内面を磨けることだといいですよね。

本を読むでもいいし、身体によい料理を作るでもいいし、ひたすら没頭するように取り組んでみましょう。

たとえば仕事で後悔しているときは、仕事からいったん離れることで、見えてくるものがあると思いますよ。

気持ちを上げる方法については、以下の記事でもご紹介していますので、よかったらどうぞ!
参考:自分で自分の気持ちを上げるには?落ち込みからラクに復活する方法。

執着をゼロにするコツ

チャンスを活かせなかったあと、そこには執着があることが多いです。

    • 千載一遇のチャンスだったのに、活かせなかった。
    • チャンスをつかみかけたのに、手放してしまった。
    • もっとできるはずだったのに、これしかできなかった。
    • 恩に報いることができなかった。

みたいな感じで。
この、○○だったのに……だめだった、という思考が、心に執着を生むのです。

今すべきことは、心をゼロにすること!
そうでないと器磨きに集中できません。

だから、過去の出来事は意識的に手放すことです。
何もないところから、器磨きに集中していきましょう。

また、執着を手放すには、こまめに心を浄化するといいですよ☆
参考:1日5分の浄化法で心をリフレッシュ!眠る前の習慣でストレスフリーに。

チャンスを活かせず後悔しないために_まとめ

いかがでしたか?
チャンスを活かせる人は、チャンスを活かすための準備を日頃からしているもの。

チャンスが来たから変われるのではなく、器を磨き、人として成長しているからチャンスを活かせる、このことを忘れないようにしたいですね。

今回の内容をおさらいすると……。

  • チャンスを活かせないのは準備不足だから
  • 準備とは、自分の器を磨くこと
  • 日々、器を磨いていれば、チャンスに乗れる
  • 後悔・執着を手放そう

チャンスを活かし、周囲に貢献しながら、人生をググッと動かしていきたいですね!
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

writer : 伊藤睦

経済的・精神的な豊かさと、気の合う仲間に恵まれた、ストレスフリーな人生を目指して活動中です。このサイトでは、本音で生き、心の自由を手に入れるヒントをシェアします。

プロフィール

ここまでお読みくださり、ありがとうございます。

 

ひとりでも多くの方が、心の自由を獲得し、

人生の物語を進めるためのヒントになればと思い、

このブログを書いています。

 

最後にひとつだけ、私自身の人生の変化をシェアさせてください。

 

 

2年前、私は人生のどん底にいました。

 

仕事で行き詰まりを感じ、将来が不安でたまらない。

 

人間関係のゴタゴタで、精神的にも肉体的にも追い込まれる。

 

そして……

 

大切な人を助けることができなくて、

自分の無力さに心底、絶望していたんです。

 

そんなとき、偶然

いま私がいろいろなことを教わっている

「佐藤想一郎さん」を知り、

メールマガジンを読みはじめたら、

ほんの2〜3行で、気持ちがフワッと上向きになったのがわかりました。

 

そして、逸る気持ちで読み進めていくと、

深い霧がスーッと晴れていくように、心が軽くなったのです。

 

想一郎さんのメルマガは、フツウのメルマガとはちょっと違います。

 

内容はビジネスや自己啓発、健康、人間関係など幅広いのですが、

知識の羅列ではなく、心躍るストーリーにのせて、想一郎さんの「感覚」を伝えてくれます。

 

だから、メルマガを読むだけで視野が広がり、物事の捉え方が変わり、日々の意識や行動が、自然と前向きになっていきました。

 

自分が前向きになると、まわりの人たちの反応も変わり、関係性が少しずつよくなったり、

仕事では、会いたい人に会えたりとか、現実が、少しずつ動き始めました。

 

なにより、

失いかけていた自己信頼を取り戻し、いまは、自分の内側から、やる気が沸々と湧き出てくるのを感じています。

だから私はお伝えしたいのです。

 

もし、いま、あなたが、

何かに悩んだり、不安だったり

うまくいかないことがあるとしても、きっと大丈夫。

ひとつキッカケがあれば、必ず光は見えてきます。

 

時代はどんどん変化しているし、

これからの生き方を、あらためて考えたりもするでしょう。

そんなときは、独りで悶々とするより、

新しい学びが、風穴を開けてくれるかもしれません。

 

「自分らしい生き方を見つけたい」

「あたたかい仲間がほしい」

「とにかく人生を変えたい」

という人は、

ぜひ、佐藤想一郎さんのメールマガジン(無料)を読んでみてください。

視界がパッと拓けて、生き方が本質的に変わっていくと思います。