自分には何もない……コンプレックスだらけの私がブログを1年半続けて感じたこと。

自分には何もない……コンプレックスだらけの私がブログを1年半続けて感じたこと。

「自分には何もない」「取り柄がない」と悩んでしまう時期ってあると思います。

先日、知人からそんな話を聞いたので、少しでも参考になればと思い、この記事を書くことにしました。

いっときは、それなりに満足していたはずなんだけど、ふと我にかえったとき、周囲から取り残されている自分に気づいたり、新しい環境に身を置いたことで、自分の器の小ささが見えてしまったり。

私も、そんな経験があります。

そこで今回は、どのようにしたらその状態を抜け出せるのか、一例として、私がこのブログを1年半続けて感じたことをシェアしたいなと思います。

もしあなたが今「自分には何もない」と焦っていたり、先行きが不安だったとしても、前に進む糸口が少しずつ見えてくるはずです。

それではさっそくお伝えしていきますね。

「自分には何もない」と思ってしまう理由

「自分には何もない」と感じたとき、その「何」っていうのは、何を指していますか?

私の場合は、仕事における専門分野であったり、能力スキル、人が羨むような実績経歴のようなものだったと思います。

だから単純に、チカラが欲しいと思い、仕事でハクがつきそうな資格を探したり、通信講座で勉強したりもしました。

もちろん、それ自体は悪いことではないと思います。

でも、結果的に私は、自分に欠けている部分を埋めるために、それらを手に入れようとしていました

だから、情熱が持てずに挫折してしまいました。

その後、はじめたのがこのブログです。

もともと仕事で文章を書いており、自分のメディアをつくりたいという願望がありました。

ちょうどその頃に参加していた講座で、ブログについて丁寧に教えていただいたので、なんとかブログを開設することができました。

同じことで悩む

ただ、ブログをはじめるときも私は悩みました。

胸を張って発信できることがない!

それまで私が書いてきた文章というのは、「クライアントの目的に向かって企画し、取材し、かたち(文章)にする」というものでした。

でも、ブログの場合は自分自身のことが色濃く出てしまう気がして、新しい挑戦だったのです。

まわりの人は、音楽、スピリチュアル、家事、子育て、アニメ、あるいはビジネスの発信など、なんらかのテーマがあって発信している人も少なくありませんでした。そうでない場合も、日常をユニークな視点でおもしろく切り取っていたり。

それに比べて自分には、これといった強みがないと思ったのです。

提供できる価値がない……。

ここでもやっぱり、同じことで悩んでしまったのです。

でも、

強みがないのであれば、これから作っていけばいい

という言葉を聞いて、

思考の矢印が、過去から未来に傾き始めました。

初めてのブログが誕生

私はブログのタイトルを、「自由のヒント。」としました。

なぜなら、つねに自分自身不自由さを感じており、なんかこう、生きづらい人生を送ってきたからです。

このあたりは、プロフィールのページにも書いていますが、自分の内面が未熟なせいで、人と衝突したり、誤解を生んでしまったり。

自分自身の感情に巻き込まれて、いいところを出せなかったり。

人の目が気になって、伸び伸びと生きられない。

そんな感覚があって。

一体、なぜそうなってしまうんだろう?

自分自身の内面を探求しながら、同じことで悩んでいる人の役に立てたらいいな。

そんな思いから、記事を書いていくことにしたのです。

とりあえず、書き続けたところ……

そんなふうにしてブログがスタートしたものの、自由という言葉はかなり漠然としていますし、続けていくなかで、実際にはいろいろな記事を書いていました。

(なので、今は消してしまった記事もたくさんあります)

それでもブログを初めて半年近くがたち、100記事を超えたころからは、少しずつ、読んでくださる方が増えてきました。

ただ、

各記事のアクセス数にはバラつきがありました。

よく読まれている記事は、特定の何記事かに集中していたんですよね。

とりわけ群を抜いていたのが、

人の輪に入れない人へ。大人数苦手な私でも疎外感を抜け出せた理由とは?

という記事です。

そして、ブログを開設して約1年の時点で、上の記事に続いてアクセスが突出していたのが、「アトピー性皮膚炎を克服した体験談」の記事でした。

(こちらは記事を精査するなかで削除しています)

私はこの結果をみて、「そういうものなんだなぁ」と感心しましたね。

だって、

人の輪に入れないことも、アトピー性皮膚炎のことも、私がこれまで「もっとも」悩んできたことだったからです。

人間関係が面倒でやりたいことを諦めたこともあるし、アトピー性皮膚炎が悪化したときは、全身大やけどみたいな感じになって「死にたい」とすら思っていました。

私の悩みのツートップが、ブログのアクセス数にそのまま反映されていたのです。

正直、その2つの記事より一所懸命書いた記事や、工夫して書いた記事もあるんですよ。

だけど、多くの人に読まれているのは、自分が一番悩んだこと、だったのです。

どの記事も気持ちを込めて書いているつもりですが、悩みが深かったからこそ自然と強い気持ちがこもり、より多くの人に届いたのかもしれません。

私は思いました。

悩んだからこそ、できることがある。

逆に言うと、誰かの役に立てるよう、悩みを与えられたのかもしれません。

ブログを始めたとき、私には人に提供できる情報なんて何もないと思っていましたが、1年半続けてみて、今は、自分が何を書くべきなのか、ブログやブログの読者さんに導いてもらっている気がするのです。

記事を読んだ方からメールをいただいたときは、ほんと、うれしかったです。

同じ悩みを抱えている人に、もっとシェアできることはないかな?

私一人のチカラはとても小さいけれど、これからも、そんな感じで記事を書いていきます。

 

……以上の経験から、お伝えしたいことを最後にまとめますね。

自分には何もない……コンプレックスを抜け出すには?_まとめ

もしあなたが「自分には何もない」と感じているなら、あなたの過去に聞いてみるといいかもしれません。

あなたがこれまで、

  • もっとも悩んだこと
  • つらかったこと
  • 欲しくてたまらなかったもの

いくつでもいいので、書き出してみてください。

そのことから、あなたは何をどう感じ、どんなふうに行動し、今日まで何を学んできたのか。

同じことで悩んでいる人がいたら、なんて声をかけたいか。

そういったところに、これからのあなたにできることがきっとあります。

カンペキに克服していなくたって、いいんです。

あなた自身が悩みと向き合い、職場や学校、家庭など、目の前の世界で進化を体現していけば、誰かの心を紐解くきっかけになれるかもしれません。

あなたなら、きっとできます。

 

あなたが自分らしく輝いていくこと、この場所から応援しています。

もしよかったら、以下の記事もおすすめです。

おすすめ記事:人の役に立ちたいけど取り柄がない…何をしたらいいのかわからないときは?

writer : 伊藤睦

経済的・精神的な豊かさと、気の合う仲間に恵まれた、ストレスフリーな人生を目指して活動中です。このサイトでは、本音で生き、心の自由を手に入れるヒントをシェアします。

プロフィール

ここまでお読みくださり、ありがとうございます。

 

ひとりでも多くの方が、心の自由を獲得し、

人生の物語を進めるためのヒントになればと思い、

このブログを書いています。

 

最後にひとつだけ、私自身の人生の変化をシェアさせてください。

 

 

2年前、私は人生のどん底にいました。

 

仕事で行き詰まりを感じ、将来が不安でたまらない。

 

人間関係のゴタゴタで、精神的にも肉体的にも追い込まれる。

 

そして……

 

大切な人を助けることができなくて、

自分の無力さに心底、絶望していたんです。

 

そんなとき、偶然

いま私がいろいろなことを教わっている

「佐藤想一郎さん」を知り、

メールマガジンを読みはじめたら、

ほんの2〜3行で、気持ちがフワッと上向きになったのがわかりました。

 

そして、逸る気持ちで読み進めていくと、

深い霧がスーッと晴れていくように、心が軽くなったのです。

 

想一郎さんのメルマガは、フツウのメルマガとはちょっと違います。

 

内容はビジネスや自己啓発、健康、人間関係など幅広いのですが、

知識の羅列ではなく、心躍るストーリーにのせて、想一郎さんの「感覚」を伝えてくれます。

 

だから、メルマガを読むだけで視野が広がり、物事の捉え方が変わり、日々の意識や行動が、自然と前向きになっていきました。

 

自分が前向きになると、まわりの人たちの反応も変わり、関係性が少しずつよくなったり、

仕事では、会いたい人に会えたりとか、現実が、少しずつ動き始めました。

 

なにより、

失いかけていた自己信頼を取り戻し、いまは、自分の内側から、やる気が沸々と湧き出てくるのを感じています。

だから私はお伝えしたいのです。

 

もし、いま、あなたが、

何かに悩んだり、不安だったり

うまくいかないことがあるとしても、きっと大丈夫。

ひとつキッカケがあれば、必ず光は見えてきます。

 

時代はどんどん変化しているし、

これからの生き方を、あらためて考えたりもするでしょう。

そんなときは、独りで悶々とするより、

新しい学びが、風穴を開けてくれるかもしれません。

 

「自分らしい生き方を見つけたい」

「あたたかい仲間がほしい」

「とにかく人生を変えたい」

という人は、

ぜひ、佐藤想一郎さんのメールマガジン(無料)を読んでみてください。

視界がパッと拓けて、生き方が本質的に変わっていくと思います。