表面的な付き合いしかできない人へ。人間関係を深める秘訣とは?

表面的な付き合いしかできない人へ。人間関係を深める秘訣とは?

もし、その人に会えるのが今日で最後だったとしたら…あなたは何を伝えますか?

こんにちは。

ライターの伊藤睦です。

 

先日、いつもの店でコーヒーを飲んでたら、ある女性スタッフさんから

 

「いとーさん、実はわたし、退職することになったんです」

 

と告げられました。

 

実際に、お店を辞めるまであと数ヶ月あるものの、

そのスタッフさんは、看板娘的なキャラクターでして

笑うと目がなくなっちゃう親しみのある表情は、

わたしにとって、日常の一部だったんですよね。

 

ふだん、自宅でひとりモクモクと仕事してるフリーランスの身なので、

彼女をはじめ、明るい(そしてかわいらしい)スタッフさんが生き生きと働いてるこのカフェは、まさにオアシスみたいな場所。

 

こんにちは〜、今日もあっついですねぇ

 

と笑顔を交わすだけで、なんか心が安らいでゆく。

 

そんな場所なんです。

 

だから、なんかね、退職するって聞いたとき、

ちょっとした喪失感を覚えました。

 

でも、伝えてくれて、ありがたかったです。

姿を見かけなくなって、あとから「辞めたんですよ」なんてほかの誰かに聞いたとしたら、なんか、寂しい感じがするもんね。

 

兎にも角にも、

今、わたしとそのスタッフさんとの間には、タイムリミットがある。

 

だから何をする、ということではないのかもしれないけど、

もう会えなくなるとわかった今、

これまで当たり前だと思っていた日常が、

少しずつ、違ったものになることは確かです。

 

一方で、

本当はタイムリミットがあるのに、それを意識できてないことって、案外多いんじゃないでしょうか?

言い方を変えると、

今、目の前にいる人と、明日から会えなくなるかもしれない、

と想像したことありますか?ってことです。

 

会えなくなるのだとすれば、

今日、このままの関係性で終わっていいの?

伝えるべきことを後回しにしたり、ろくに話もせずにやり過ごしてない?

自分にそう問いかけるたび、ハッとするんです。

 

どこかに「いつでも会える」という気持ちがあるから、

言いづらいことを後回しにしたり、

本当は親しくなりたいのに、遠慮して話しかけなかったり

自分のことばかり優先させてしまうんじゃないかな、って。

 

一期一会って、よくいうけど…

今、かかわっている一人ひとりに、一期一会の気持ちを持てているかっていうと、

わたし、ぜんぜんできてない…!

自分の冷たさに、軽く絶望します。

 

そんなわたしですが、最近、ちょっとした変化がありました。

さっき、

目の前にいる人と、明日から会えなくなるかもしれない、と想像したことありますか?

と書いたんですが、想像するまでもなく、

ある日、突然、会えなくなることって本当にあるんですよね。

 

たとえば例の、あれです。

コロナ。

 

そのときわたしは、ある講座で月にいちど会っていたメンバー二人と、初めて遊びに行く約束をしていたんですね。

すごーく楽しみにしてて。

 

ところが、一緒に行くはずだったイベント(講座)が中止になっちゃった。

 

ほんの1カ月前、

また今度ね〜

なんて軽〜いノリで手を振って別れた人たちと、突然、会えなくなっちゃったんです。

 

あのときは、なんていうか、結構ショックでした。

 

人とのつながりや、自らの行動が、いとも簡単に制限されてしまう。

こんなことって、あるの…

 

でも、だからこそ、

これまでお会いしてた時間を、もっと大切に使うべきだったな、と思いました。

 

「また次があるから」と思ってたんじゃない?

 

もう会えないとわかってたら、もっと伝えることがあったんじゃない?

 

そう問いかけるたび、自分がいかに、人との縁を軽く考えていたかを突きつけられました。

ご縁って、心を通わせることで初めて深まってゆくもの。

わたしはこれまで、人づきあいに関しては、どこか距離を置いてるところがあったんです。

だけど、

このままじゃダメだ…変わりたい!

と思いはじめていた。

だから、突然会えなくなってしまって悲しかったのです。

 

ですが、

それから半年がたち、うれしい偶然が訪れます。

もうね、これはかみさまの采配としか思えない!

 

その方たちとは、もともと住んでいる場所も遠く、

わたしは、いまさら連絡も取りづらい状況になってました。

 

なのに、約束していた方のうち、お一人に、

ある場所で、お会いすることができたのです。

 

しかも、お互いの居住地ではない、まったく別の場所で…

 

お恥ずかしいことに、そのときもわたしは

せっかく再会できたにもかかわらず、同じ過ちをしそうになったんですが…

すぐ気づき、その時に思ってたことを率直にメールで伝え、その方のあたたかさに助けられました。

(今日は詳細は省きます。。)

そのあとまた偶然が重なって、実際にお会いすることになり、お話ししたり、一緒に神社へお参りに行ったりもしました。

これからもこのご縁を大切に、何をするわけでなくとも、意識を向け続けていきたいなと思っているところです。

 

明日は、会えないままになっていた、もう一人の方にお会いする予定です。

素敵な時間になるといいな。

 

ここまでお読みくださり、ありがとうございました。

writer : 伊藤睦

経済的・精神的な豊かさと、気の合う仲間に恵まれた、ストレスフリーな人生を目指して活動中です。このサイトでは、本音で生き、心の自由を手に入れるヒントをシェアします。

プロフィール

ここまでお読みくださり、ありがとうございます。

 

ひとりでも多くの方が、心の自由を獲得し、

人生の物語を進めるためのヒントになればと思い、

このブログを書いています。

 

最後にひとつだけ、私自身の人生の変化をシェアさせてください。

 

 

2年前、私は人生のどん底にいました。

 

仕事で行き詰まりを感じ、将来が不安でたまらない。

 

人間関係のゴタゴタで、精神的にも肉体的にも追い込まれる。

 

そして……

 

大切な人を助けることができなくて、

自分の無力さに心底、絶望していたんです。

 

そんなとき、偶然

いま私がいろいろなことを教わっている

「佐藤想一郎さん」を知り、

メールマガジンを読みはじめたら、

ほんの2〜3行で、気持ちがフワッと上向きになったのがわかりました。

 

そして、逸る気持ちで読み進めていくと、

深い霧がスーッと晴れていくように、心が軽くなったのです。

 

想一郎さんのメルマガは、フツウのメルマガとはちょっと違います。

 

内容はビジネスや自己啓発、健康、人間関係など幅広いのですが、

知識の羅列ではなく、心躍るストーリーにのせて、想一郎さんの「感覚」を伝えてくれます。

 

だから、メルマガを読むだけで視野が広がり、物事の捉え方が変わり、日々の意識や行動が、自然と前向きになっていきました。

 

自分が前向きになると、まわりの人たちの反応も変わり、関係性が少しずつよくなったり、

仕事では、会いたい人に会えたりとか、現実が、少しずつ動き始めました。

 

なにより、

失いかけていた自己信頼を取り戻し、いまは、自分の内側から、やる気が沸々と湧き出てくるのを感じています。

だから私はお伝えしたいのです。

 

もし、いま、あなたが、

何かに悩んだり、不安だったり

うまくいかないことがあるとしても、きっと大丈夫。

ひとつキッカケがあれば、必ず光は見えてきます。

 

時代はどんどん変化しているし、

これからの生き方を、あらためて考えたりもするでしょう。

そんなときは、独りで悶々とするより、

新しい学びが、風穴を開けてくれるかもしれません。

 

「自分らしい生き方を見つけたい」

「あたたかい仲間がほしい」

「とにかく人生を変えたい」

という人は、

ぜひ、佐藤想一郎さんのメールマガジン(無料)を読んでみてください。

視界がパッと拓けて、生き方が本質的に変わっていくと思います。

 

(最終更新:2020年8月24日)
CATEGORY :