嫌な人間関係こそ人生が好転するきっかけに。運命の人を引き寄せるには?

嫌な人間関係こそ人生が好転するきっかけに。運命の人を引き寄せるには?

どうしても嫌な人間関係から抜け出せない。

そんな時期って、多かれ少なかれ、ありますよね。

私もそうでした。

でも、悩んだ時期があったからこそ、今の自分があると思っています。

もしあなたが今、つらい人間関係を過ごし、人生を好転させたいと願っているなら、ぜひ伝えたいことがあります。

読み終わったころには、あなたの目の前にある人間関係が、少し違った見え方になっていると思いますよ。

人間関係における運命の人、それはモンスターみたいな人

最初にちょっと、イメージしてみていただきたいことがあります。

あなたの目の前に、あなた自身の物語が上演されている、「人生劇場」があることを。

人生劇場には、各場面でさまざまな人物が登場します。

もうひとりの自分になったつもりで、あなたの人生劇場を眺めているような感覚を持ってもらいたいんですね。

すると、ちょっと冷静になれるし、いろいろなことが見えてくるんです。

私自身も、そんな感じで人生劇場を振り返ってみると、重要な登場人物のひとりに、Eさんという人がいます。

一時期、Eさんとの間でトラブルがあり、私はうつのような状態になっていました。

人格を否定され、侮辱された。

私はそんなふうに感じてしまい、これまで積み上げてきた自分というものが、崩壊していきました。

そして、その状態から抜け出すことができず、私の心はさらに深い闇に陥っていったんです。

眠れないまま朝を迎える日が続き、体はつねにだるくて重い。

あごから頬にかけてポツポツと吹き出物ができ、病院でもらった薬をつかっても一向に良くならない。

Eさんと会った翌日に、熱を出したこともあります。

私の人生劇場において、あれほどの「エピソード」はなかったなぁと思います。

でも、Eさんとの一件がなかったら、私は精神的に未熟なままだったと、今でははっきり認識しています。

私の人生劇場にEさんが登場してくれたことで、人生のストーリーが深まり、静寂を破って展開しはじめたのです。

それは、どういうことなのか、次にお伝えしますね。

人生が好転する運命の人は、2パターンある

はっきり言います。

Eさんは、わたしにとって運命の人です。

起こった出来事そのものは、二度と経験したくないネガティヴな出来事ですが、長い目で見たときには、物語が良い方向に展開したからです。

思うに、運命の人っていうのは、2つのパターンがあると思うんですね。

その2つとは、こうです。

  • 自分の望みを知るために出会う運命の人
  • 一緒に歩んでいくために出会う運命の人

私にとって、Eさんは、1の人でした。

自分の望みを知るために出会う運命の人とは?

たとえば最近、嫌な人や苦手な人に遭遇したとき、あなたはどんな心境になったでしょうか?

嫌だな〜。

話したくないなぁ〜。

どっかに行っちゃってくれないかな〜。

とかでしょうか?

まあ、そういう気持ちにもなりますよね。

私もEさんに対しては、そのように感じていました。

嫌だな〜と思っていたら、嫌な感情がどんどん増殖していき、どうしようもないくらいに気持ちが落ちてしまったり。

私の場合、3年という時間を経てようやく、「この状態をなんとかしなくては」と思うようになりました。

それまでの私は、ただ状況に巻き込まれているだけだったんです。

自分ではどうにもできない。早くこのときが過ぎ去ってほしい。

Eさんさえいなければ、こんなことにはならなかった…。

そうやって、嘆いているだけだったんですね。

でも、もうガマンできない!って心が悲鳴をあげはじめたとき、私は気づきました。

Kさんが私を攻撃してくるのは、私自身の未熟さが原因なのだ。

わたしはもっと成長したい。

自分が未熟なせいで、ほかの人にも心配をかけている。

精神的に自立した、ほんとうの意味で強い人間になろう、と。

それまでの私は、仕事の人間関係において、周りの人に頼りっぱなしでした。

「自分は人づきあいが好きではないから」と、逃げていました。

好意的に近づいてきてくれる人たちとだけ、つき合っていました。

そんな自分自身の甘さを、Eさんに突きつけられた気がしましたね。

私はEさんのおかげで自分の未熟さに気づいたし、自分がこれからどうなっていきたいのかを、ようやく考えはじめたのです。

そして、内面と向き合い、学ぶ日々を送りました。

そんな日々からわかったことは、感情や思考は自分でコントロールできること。

人生とは自分で舵をとり、描き、創っていくものなのだ、ということでした。

心に小さな炎が現れた感じがしました。

自分の内面が変わりはじめると、人間関係も少しずつシフトしていき、協力し合える人たちとの新しい出会いも生まれました。

一方、当のEさんとは、会う機会がなくなりました。

Eさんは、私の物語では、出番(役目)を終えたのでしょう。

Eさんには、悪役(あくまで私のストーリーの中では、です)を演じてくれてありがとうございました、と伝えたいです。

なので、あなたがもし、かつての私と同じようなことで悩んでいるなら、自分にこう問いかけてみてください。

  • 私はなぜ、この人(たち)と出会ったのだろう?
  • それで、私はどうしたいんだろう?
  • どんな人たちとどんな関係性を築けたら、ハッピーかな?

あなたの本心が何を望んでいるのかを、あなた自身がわかってあげるのです。

ほんとうの自分が望んでいることに気づけると、その瞬間から、ちょっとずつあなたの無意識が変化していきます。

嫌だと思っていた相手のことも、違った見え方をしてくると思います。

すると、あなた自身が日々選択することや、口にする言葉が自然と変わっていくはずです。

人間関係の面でも、良い兆しを感じられるようになっていきます。

だから、嫌な人間関係にある今こそ、ほんとうの望みを知り、理想の人間関係にシフトするチャンスなのです。

では、理想の人間関係とは?〜一緒に歩むために出会う運命の人

ここからは、もうひとつの「運命の人」について、少しお話ししますね。

わたしたちが「運命の人に出会いたい」と言うとき、たいていはポジティヴなイメージを描いていますよね。

もうひとつの運命の人とは、一緒に人生を歩んでいく仲間のことです。

ただ一緒に遊ぶだけとか、損得勘定で付き合う相手ではなく、心から協力し合える関係性です。

そういう相手を引き寄せたいなら、どうしたらいいのでしょうか?

それは・・・。

この人のことをもっと知りたい。

この人を笑顔にしたい。

この人のために、自分にできることはないか。

そんなふうに、まずは自分から、主体的に関わっていきたいと思える相手を見つけることです。

そして、奇跡的に、相手も同じように思ってくれた場合、そこにはゆるぎない絆が生まれるのだな、と感じています。

まとめ:運命の人を引き寄せて、人生を好転させよう。

いかがでしたか?

最後にもういちど、まとめてみますと。

運命の人には、2つのパターンがあります。

  1. 自分の望みを知るために出会う運命の人
  2. 一緒に歩んでいくために出会う運命の人

いま、人間関係で悩んでいるのなら、それは、1つ目のほうかもしれません。

それならば、嫌なところに意識を向けるのをやめて、「では、わたしは何を望んでいるのだろう」と意識の向きを変えてみるといいですよ。

あなた自身の望みを、明確にしていきましょう。

こんなふうに考えていくだけで、目の前にある人間関係の捉え方が変わりますよね。

正直、あなたの人生劇場に登場するすべての人が、なんらかの影響を与える、運命の人といっても過言ではありません。

逆に考えると、あなたもまた、他の誰かの人生劇場のキャストであり、影響を与えている運命の人なのです。

私はふと思うことがあります。

Eさんの人生劇場において、私はどんな役を演じたのか・・・。

Eさんとはそれ以来、顔をあわせることがなくなってしまったのですが、良い人生であるように祈るばかりです。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

writer : 伊藤睦

経済的・精神的な豊かさと、気の合う仲間に恵まれた、ストレスフリーな人生を目指して活動中です。このサイトでは、本音で生き、心の自由を手に入れるヒントをシェアします。

プロフィール

ここまでお読みくださり、ありがとうございます。

 

ひとりでも多くの方が、心の自由を獲得し、

人生の物語を進めるためのヒントになればと思い、

このブログを書いています。

 

最後にひとつだけ、私自身の人生の変化をシェアさせてください。

 

 

2年前、私は人生のどん底にいました。

 

仕事で行き詰まりを感じ、将来が不安でたまらない。

 

人間関係のゴタゴタで、精神的にも肉体的にも追い込まれる。

 

そして……

 

大切な人を助けることができなくて、

自分の無力さに心底、絶望していたんです。

 

そんなとき、偶然

いま私がいろいろなことを教わっている

「佐藤想一郎さん」を知り、

メールマガジンを読みはじめたら、

ほんの2〜3行で、気持ちがフワッと上向きになったのがわかりました。

 

そして、逸る気持ちで読み進めていくと、

深い霧がスーッと晴れていくように、心が軽くなったのです。

 

想一郎さんのメルマガは、フツウのメルマガとはちょっと違います。

 

内容はビジネスや自己啓発、健康、人間関係など幅広いのですが、

知識の羅列ではなく、心躍るストーリーにのせて、想一郎さんの「感覚」を伝えてくれます。

 

だから、メルマガを読むだけで視野が広がり、物事の捉え方が変わり、日々の意識や行動が、自然と前向きになっていきました。

 

自分が前向きになると、まわりの人たちの反応も変わり、関係性が少しずつよくなったり、

仕事では、会いたい人に会えたりとか、現実が、少しずつ動き始めました。

 

なにより、

失いかけていた自己信頼を取り戻し、いまは、自分の内側から、やる気が沸々と湧き出てくるのを感じています。

だから私はお伝えしたいのです。

 

もし、いま、あなたが、

何かに悩んだり、不安だったり

うまくいかないことがあるとしても、きっと大丈夫。

ひとつキッカケがあれば、必ず光は見えてきます。

 

時代はどんどん変化しているし、

これからの生き方を、あらためて考えたりもするでしょう。

そんなときは、独りで悶々とするより、

新しい学びが、風穴を開けてくれるかもしれません。

 

「自分らしい生き方を見つけたい」

「あたたかい仲間がほしい」

「とにかく人生を変えたい」

という人は、

ぜひ、佐藤想一郎さんのメールマガジン(無料)を読んでみてください。

視界がパッと拓けて、生き方が本質的に変わっていくと思います。